• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょういくじっしゅういつかめ

 今日は2回授業をやってきました。範囲は前回と同じ。
さすがに3回目になると多少授業らしくなったかなと思います。
前回の反省を踏まえて、指数の違い(6月9日の日記参照)も
しっかりと教えました。しかしながら、またしても失敗が…。
中学校に入って初めて指数を勉強します。中学校では指数同士の
掛け算 2^3×2^5=2^(3+5) というようなことを勉強しないので
指数の部分を計算し、指数をなくしてから計算する必要があります。
その為、私は次のように教えました。

 <俺バージョン>
 (1)指数部分を計算
 (2)かっこの中を計算
 (3)乗除(掛け算・割り算)を計算
 (4)加減(足し算・引き算)を計算

こういう順序でとけば次のような問題も解けるわけです。

  (3-2^2)×4-10
 =(3-4)×4-10
 =(-1)×4-10
 =(-4)-10
 =-14

ところが、上の順序では解けない問題があるのです。
正確には解けないわけではないのですが、中学一年生の知識
では解けなくなってしまう問題が。…想像できますか?
私はここまで想像が及んでおらず、失敗しました…。
それは…

 (1-4)^2

というような問題。これを上の順序でやろうとすると
次のようになります。

  (1-4)^2
 =(1-4)×(1-4) …①
 =(-3)×(-3) …②
 =9

こうすれば中学一年生の知識でも解けなくはないわけですが、
(1-4)を二回も書いて、それぞれを計算するのは二度手間ですよね。
普通は先に括弧の中を計算するでしょう。
なので、正しい(というより普遍的な)計算の順序としては

 <先生バージョン>
 (1)かっこの中を計算
 (2)指数部分を計算
 (3)乗除(掛け算・割り算)を計算
 (4)加減(足し算・引き算)を計算

となります。
 これであれば上の式でも(1-4)から計算することができます。

  (1-2^2)^2

のような式であっても、まずは括弧の中ということで、1-2^2を
計算しようとして、その段階で、指数の部分を計算しようとすれば
問題ありません。
 というわけで、より普遍的な方法としては<先生バージョン>
の方がよさそうです。このような事になってしまった原因は
自分の経験不足、教材研究不足だと思います。ワークの最後の
問題にこのような問題があったようなので…。
ワークの問題を活用した授業を行ったのですが、隅々まで
教材を研究しなければいけないなぁと思い知らされることに
なりました…。
きちんと次回フォローできるように頑張りたいと思います。

 金曜日の指導としては、掃除の時間、学活の時間と時間を
意識せずにダラダラと行動してしまっていたので「チャイムに
頼らずに時計を見て行動しよう」ということを朝の学活で
言いました。しかし、帰りの学活もダラダラと…。一応注意は
しましたが、まだ少し時間がかかりそうです。
 それからもう一つは、「悪ふざけと怪我について」。おととい
の放課後、ベルトを輪にした後に左右に引っ張ってパンパン鳴らす
遊びをしていた生徒がいました。まぁ自分も中学時代に何度か
やった経験があったので放っておいたのですが、その中に
腕をいれるという遊びを始めました。”音のわりに痛くない”
というヤツです。これまた自分も経験があったので放っておくと
先生も腕を入れてみてくれ。と言い出します。まぁ付き合って
やるかと、腕をいれてやると案の定ほとんど痛くない。
…ここまではまぁ良かった(正確には良くないんですが…。)
んですが、そこで横からピシッと鞭のようなもので私の腕を
叩いてきた生徒がいました。あまりの痛みにその生徒の腕を
とっつかみ握り締めました。「お前なぁ…」と言いながら。
その生徒が持っていた物はさっき、絶対痛いからやめろと
注意したバネの伸びた物で、やるなと言った行動だったのです。
手をつかまれると「痛い痛い痛い…」と言いながらしゃがみこむ
ようなポーズをしたので、こちらも体罰を加えるつもりは
さらさらなかったので手を離し、口頭で厳しく注意しました。
その後、手を確認すると案の定、鞭で叩かれたようなミミズ腫れ
になっていました。その傷を見せながら「こんな風になるんだ。
先生だったから良かったものの友達だったら大変な事だぞ。」
とさらに注意しました。その場では反省したフリをしましたが
本当に反省はしていないでしょう。まぁしかし、その場で
それ以上指導をする事は難しかったので、その日は帰し
指導の先生に報告だけはしました。その翌日が金曜日だった
わけですが、朝偶然会ったときに真っ先に
「先生腕大丈夫だった?」と聞いて来たのです。
 その事を受けて、金曜日に悪ふざけと怪我についての話を
しました。ある生徒の悪ふざけでこんな怪我をした事。
その生徒は翌日一番に先生の心配をしてくれた事。でも
そんな心配をするぐらいなら最初からするなよと。怪我をして
運動や遊び、部活ができないなんてつまらない。先生に
怒られるのもつまらないし、怒ってる先生もつまらない。
だから、そういう怪我をする可能性のある悪ふざけは
しない。その他にも靴下で後ろの棚の上を走ったりしていた
人がいたが、危ないことぐらい想像できるだろう。
小学校から中学校に上がり、はしゃぎたい気持ちも分かる。
でも、もう中学生になったんだから危ないことぐらい
自分達で判断できるようにならないといけないんじゃないか。
と、月並みなまとめになってしまったわけですが…;
その注意のおかげで一応、危ない遊びはしていませんでしたが
それも私の目の前だけで、場所が変わっただけかもしれません。
なんとか心に響く指導にしたいものです。

 長くなってしまいますが、もう一つだけ。

 最近の子供は本当にイジメをしやすい性格になっている
んでしょうか…。
 初日の失敗(6月6日の日記参照)も一歩間違えばイジメ(…
というより、すでにイジメと言ってもいいでしょう)でしたし、
ある日には、同じ部活の同級生の一人を、タイ人呼ばわりし
「タイには○○とかあるの~?」などと言い合ってました。
また、金曜日には「外車はいらない」「外車はくさい」
「外車はすぐ壊れる」などと大声で言い始めたのです。
なんとなく誰かの悪口かなと気づきましたが、誰のことか
分からないし、間違っていてはいけないので、すぐに指導は
できませんでしたが、どうやら先生の誰かの事のようです。
そのように隠語を使って、悪口の部分だけを大声で言うなどと
いうことは卑怯の塊みたいなモノですが、そういう事を
平気でやってしまうわけです。
 これらの事についても、心に響く指導ができればと考えて
いるところです。
指導の方針としては、先日(6月8日)の”かっこつけ”に絡め
相手に反論するチャンスを与えずに一方的に悪口を言う
ことのかっこ悪さ、自分の弱さを露呈しているという方向で
指導しようと思います。

きょういくじっしゅうみっかめ 道徳の授業の形骸化

 今日は指導してもらってる先生以外の先生の授業を見学させて
もらいました。指導していただいている先生は銀行型(とかいうんだっけ?
なんか違うような…;)という感じで、先生が色々と説明をするのが
中心な感じの授業なんですが、今日みせてもらった先生は、全てにおいて
「これは○○だよね?」と語りかけるような授業をされる先生でした。
 何よりも驚いたのは、机間巡視(生徒の机の間を歩き回って
生徒の様子を確認すること)でさ~っと生徒を見回っただけなのに
生徒の解き方を把握して「○○と○○もこういう解き方してたよな~」と
言えるところ。自分もガンガン机間巡視していくわけですが
個人の考え方があっているかどうかを確認するのが精一杯で
子供の説き方を記憶して分類するなんてできる気がしません。
さすがベテラン教師って感じで感心しました。

 あとは、初日にあった失敗(6/6の日記参照)について
先生に報告しました。
教師たるもの、そういう状況に出くわしたら話が大きくなる前に
真っ先に注意できないといけないという事から、指導の方法や方針、
教師のあり方など細かく指導いただきました。自分にとっては非常に
いい経験になったわけですが、一人の生徒を傷つけてしまったということで
ものづくりとはまったく違った人を育てるという事の大変さを
再認識させられました。物のように”失敗したらやりなおし”
なんて絶対できないですからね…。全てはその生徒の記憶に
刻まれちゃうので…。

 もう一つ感じたのは「道徳」の授業の希薄さ。
 今日の授業は簡単に言ってしまえば”障害児の子供の失敗を笑う
人について”という話でした。そういう人たちについてどう思うか。
そういう人を注意できる人についてどう思うか。という授業展開で
それを導くようなプリントが用意されており、それを生徒が埋めて
発言したりするわけです。
 …もうね。正直、まったく意味がないんじゃないかと呆れました。
生徒も先生も答えを知ってる上で、やり取りしてます。みたいな
お互い解答集を見ながら、当てて、答えて、っていうやりとりを
しているのを見せられているような気分になりました。
 先生も生徒も、模範解答から大きく外れないような話ばかり
するんですよね。外れたとしても十分予想の範疇内の「私には
できないと思います」程度のもの。「素晴らしいと思う。」
「私もそうできる人になりたいと思う。」…etc.
 お前ら本当に心からそう思ってるのか。と問いたい。
ただ、世間一般にそうするべきだ。って言われてる話を知ってるから
そう答えてるだけじゃないのか。と。お前の本心なんだなと。
 まぁ、使ってるプリントがそういう答えしか導き出せないような
設問ばかりだったので仕方ないといえば仕方ないんですが…。

 これはある人の言葉の受け売り×自分なりのアレンジなんですが
”道徳”って最終的には”かっこつけ”(格好をつける)だと
思うんですよね。「イジメかっこわるい」じゃないですが
自分で自分の行動を省みて、”自分がかっこ悪いと感じるような
ことはしない”。これが道徳の根本であり全てなんじゃないかと。
 いくら他人や世間様が「そんなことしちゃいけない。こうする
べきだ」って言ったって、そんなものは友達の評価やグループ関係
なんかの前には無力なわけです。「お前なんやねん。
ええかっこしやがって」と言われてしまうような事は世間的に
正しいことであってもできないのが子供だと思うのです。
 そこで”自分で自分はこうするほうが格好いいと思う”という
信念があれば、他人の評価として辛い評価があったとしても
道徳的に正しいことが実行できるんじゃないでしょうか。
 障害児の子供をバカにする人を見たとき、注意しようとする。
でも注意したら、その子やクラスの子に「ええ格好すんな」と
言われてしまうかもしれない。だからしない。
そうじゃない。言われてしまうかもしれないけど、自分の信念として
そんなことは見過ごさない生き方が、自分の格好いい生き方
”かっこつけ”だから、踏ん張って注意する。そういう考え方
こそ必要なんじゃないでしょうか。
 今回の作文では「障害児は望んで障害児になったわけではない事」
「模範解答しか導き出せないプリントしかなかったこと」が
非常に残念であり、近年の道徳教育の形骸化を感じずには
いられませんでした。

きょういくじっしゅうふつかめ

 今日は最初の1時間目は空いて、2~4時間目がぶっ続けで授業
でした。うちの学校はハーフクラスってことで一クラスを2つに分けた
半分ずつの人数で数学用の教室で授業をします。今回は3時間ぶっ続け
だったので、3時間その数学教室に居続けました。普通であれば
10分間の休み時間に休めるのですが今回は数学教室に居続けたので
休むことがまったくできず…。また先生が立ちっぱなしなので自分も
座ることなどもできず…。外回りや立ち作業している人からしたら
鼻で笑われるのかもしれませんが、だらけた大学生にとってはちょっと
ツライ立ち作業でした;

 今日の授業は参観ということで指導教官の先生が行う授業を横で
見学しながら、発問や指導法などをメモしたりしてました。あとは
机間巡視(生徒の問題を解いている様子などを見回ること)を行って
間違っているところを指摘して回ったりしていました。
 そんな中で驚いた点は

 8       3    4        3    2       3
--- × 2 × --- = --- × 2 × --- = --- × 1 × ---
 7       2    7        1    7       1

という計算をしている人が数名いたこと。
 二つ目まではOKなんですが三つ目がおかしい。ノートの取り方の
問題もあるとは思うんですが、分子の数と整数を約分しちゃってる
わけです。

 あとは分数の割り算を掛け算に直すという作業で

 1    4    2    1    4    2      1    4    3
--- × --- ÷ --- = --- × --- × --- = --- × --- × ---
 3    5    3    3    5    3      3    5    2

という風に書いてしまう子が多かった。一番左と一番右は等しいので
正しいわけですが、真ん中のひとつが問題です。「分数の割り算を
計算するときは掛け算になおして計算する。」「掛け算に直すときは
逆数にすることでなおす」という2つのルールがあるわけですが
これを別々にやってしまったのが上なわけです。全体的な答え
としては間違わないでしょうが、数学的には途中の式が間違っていると
間違いになってしまうので、今のうちに教えておく必要があります。
 しっかりとひとつずつ考えれば÷(2/3)と×(2/3)が同じなわけが
ないわけで、分かってくれるかと思うのですが、最初のうちは
ついやっちゃいますよね。今後も気をつけて指導していきたいと
思います。

 しかし、子供は無邪気なもので、その無邪気さゆえに鋭い
質問を浴びたりします。今日の質問とその答えは以下に。

・なんで先生は先生になりたいの?
 先生は教えるのが好きなんだよ。誰か分からない~って困ってる
人がいるとするでしょ。その人に自分が説明してあげたら「あ、
そうか!」って分かってくれる。それが自分の事のように嬉しい
んだ。だからそんな仕事の先生になりたいんだよ。

・勉強ってなんでしないといけないの?
 勉強をしないといけない理由は2つある。
 一つ目は自分の将来の可能性を広げる。いざ「自分がこんな仕事を
したい」って思った時に、これまで勉強してなかったから無理です。
ってなっちゃう可能性がある。そんなことで自分の夢を諦める事に
なったら勿体無いし悔しいでしょ。
 二つ目は「頑張る」ってことを経験するため。たとえ好きな仕事に
就けたとしても、好きな事ばっかりできるわけじゃない。そのときは
「辛いことでも頑張った」って言える人が強い。勉強を頑張った人は
そういう事が言えるから強い人になるんだよ。

・人生で一番大切なものはなに?
 夢かな。夢っていうと大げさだけど、自分のやりたい事、
好きな事かな。
 人生はやっぱり楽しくないと意味がない。人生はやっぱり自分の
好きなことをやっている時が一番楽しい。だから人生で一番大切な
物は自分の夢、やりたい事、好きな事だね。

きょういくじっしゅういちにちめ

でした。
 今日の内容は下の通り。

 (1)職員会議で自己紹介
 (2)担任のクラスで生徒に自己紹介
 (3)午前中の大部分をつかって学校の教育方針について
 (4)先生と今後の打ち合わせ
 (5)生徒と一緒にお弁当
 (6)授業にむけて教材研究
 (7)学活
 (8)一緒に掃除
 (9)明日の準備

 朝は7:45頃に登校、今日の帰りは18:30頃。
まだ忙しくないので何とか平和ですね~

 驚いたのは意外と空き時間が多かった事。二年生が学校行事でおらず
授業がないからかもしれませんが…。空いた時間をつかって教材研究
などをしたり、同じ実習生の人と雑談したりしてました。
 私の担当は一年生なのですが、まだ小学生のようなあどけなさがあり
微笑ましいですね~明るく活発でかわいらしい。それでいてしっかりと
挨拶をする子ばかりなのだから、これほど素晴らしい事はない。

 そんな中でも一つ多きな失敗をやらかしました。
 掃除の時間の事。一人の女の子がなかなか掃除をしにこないらしく
その子はトイレに行っているとのこと。
 すると一人の男の子が「あいつ下痢やねんで~」と言い出しました。あまりに短絡的でお子様な悪口(?)だったので私は聞き流していました。
 最初は教室に居た4人ぐらいの子供達だけでヤイヤイとその事を
言っていたのですが、外から帰ってきた子供にも「○○は下痢で
掃除をサボってる。本人には言うなよ。」と言いふらし始めました。
 そこへその子が帰ってきて、「何いっとるんよー私にも教えてよー」
と言い出しました。もちろんさっきまで悪口を言っていたメンバーは
誰も言おうとしません。「だって言ったら絶対○○怒るもん~」
というのです。
 『あまりに子供じみた話だし、自分達の中でいずれバラして
収めるのだろう。』と思っていたら、「先生もしっとるでー」と一言。
『おいおい。俺も巻き込むのかよ;』と思いながらも『まぁ自分達なりの
タイミングで解決するのかな?』と思いつつ、「先生教えてよー」という
○○さんに「知ってるけど、△△君から聞き」とかわしました。
 その後、「言ってよ~」「嫌や~」というやり取りがしばらく続きました。
悪口を言われていた○○さんも、最初はふざけながら「言ってよ~」
と友達に詰め寄っていたのですが、少し表情が曇り始めました。
さすがに知っている人の人数が多く、知らないのが自分一人という
事で、嫌な気持ちが強くなって来たのでしょう。
 『こりゃそろそろいい加減にしないとダメだろう』と思い、
「じゃあもう、みんなで謝るぞ。先生も謝るから。その後で先生が
こっそり○○さんにどんな事を言ってたか教えるから。」と言っていると
掃除終了の時間に。きちんとバラすタイミングを失ってしまいました。
 そこで「終わりの学活のときに、じゃあみんなで謝るぞ」という
話をすると、言われていた○○さんが「それはやめて」との事。
みんなの前で謝られるのが嫌だったんでしょう。
○○さんの気が済むようにするのが一番だと思った私は「じゃあ
どういう風にするのがいい?○○さんの一番良いと思うようにするよ?」
と聞いてみました。
 すると少し考えた後で「もう誰にも広めないと約束してくれたら
それでいい。どんな内容だったかも聞かないから。」と言いました。
さらに「担任の先生にも言わないでくれ」と念をおしながら。
 秘密にしていた内容は根も葉もない噂であり、ネタをばらしてしまえば
「そんなわけないでしょ!」と言って笑って終わらせられると思って
いたのに、なんだか妙な展開になってしまいました。これでは本当の
イジメでそれを被害者の○○さんが我慢しているような展開です。
 生徒達の間では、こんな悪ふざけは毎日のようにある事で、それは
しっかりと悪ふざけとして終わっているのだろうと想像していた私は
まさかの展開に驚きました。
 しかしながら、○○さんが出した条件がこういった物である以上
それ以上の方法は望めそうにありませんでした。
 仕方無しに、その条件に従うことにしまし、
「今回の事は先生も悪かった。言っていた事っていうのはもう本当に
くだらない事で、聞いたってしょうがないような事だから。今度
こんなことがあったら、何があっても先生は○○さんの側に立って
守るから。」と伝えるのが精一杯でした…。

 言ってみれば、友達の見たこともないお母さんに対して「お前のかーちゃん
でーべーそ」と悪口を言うぐらいのいい加減な悪口を言ってたにも
関わらず、それをバラしてきちんと終わらせることができない子供達に
驚くと共に、このような展開になることを予測できなかった自分の
未熟さを反省させられる出来事でした。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。