• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.7 【ゴルフ@Wiiスポーツ編】Wii体験会レポート

 Wiiが発売しても、まだ体験会のレポートを書いていそうな者です。


いよいよWii発売まで一週間を切り、今日を除けばあと5日と
なりました。
発売までに、このWii体験会のレポートは終わるんでしょうか(苦笑)


 エレビッツは私の希望だったので、次に何に向かうかは
fu-kaさんに決めてもらう。
「せっかくなのでマリオギャラクシーをやってみたい」との事。
というわけで、マリオギャラクシーに向かう事に。
マリオギャラクシーもおそらく展示されているはずなのに、今まで
見かけなかったので、探して歩き回る。地図が全く役立たないので。

 DSのコーナーの傍かな?とDSのある建物まで移動するが見当たらず。
近くに設置されていた案内を発見して、マリオの位置を確認。
逆方向ジャン orz
トボトボと帰り、マリオギャラクシーの位置へ。
残念ながら「受付中断」の看板が…。
仕方ないので、他のWiiソフトを…ということで「ゴルフWiiスポーツ)」か
「ボクシング(Wiiスポーツ)」のどちらかをプレイすることに。
エレビッツに並んでいた時、隣のパンヤの操作性を見ていると
どうやらゴルフWiiスポーツとは違っている様子だったので
本家任天堂のゴルフを見てみようということで、ゴルフへ。


icon
icon

 ゴルフは他のWiiスポーツ同様、大量に試遊台が用意されていました。
また、対戦形式で2人ずつプレイする様子。「2人ずつなら、この
待ち時間より短い時間でプレイできるかもね。」などと言いながら
並ぶ。
下の写真はプレイ風景とゴルフの周囲に吊り下げられていた超巨大広告(?)。

Wiiスポーツゴルフ
Wiiスポーツ看板


 他の任天堂タイトル同様、広いスペースが設けてあるので、
他のプレイヤーがプレイしている場所の前に列が作られている。
そのお陰で、他人のプレイを見ながら待つことができた。

 どうやら、ゴルフは十字キーで方向を決め、スイングの強さで
飛距離を決めるようだ。もちろんスイングは本当にゴルフ同様
球を打つような姿勢で、後ろから前へスイングする。
その際に強すぎるとパワーゲージがボヨンボヨンとバネのように 枠をはみ出して左右に触れる。このとき右にはみ出してしまうと
右方向に曲がり、左方向にはみ出すと左方向に球が曲がってしまう
というシステムらしい。
非常に直感的で分かりやすいルール&インターフェイスだ。
また、ゲージに目盛りが4つほど付いており、右上のマップに
表示される弾道の目盛りと対応している。
右上のマップでコースの全容を把握し、目的の位置を決める。
弾道の目盛りで3つ目の位置にグリーンがあるとすると、パワーゲージで
3つ目の目盛りになるような強さでスイングするのだ。目盛りといっても
実際にあるのは単なるマークだけで、数字は一切表記されていない。
目盛りの位置と目的位置のの比率をそのままパワーゲージに反映させ
スイングするのだ。
多くのゴルフゲームは目盛りに付記された数値と、飛距離を
計算によって変換し、目標のゲージ量を決めなければいけなかったが
それを上手く排除しているのだ。

 ”2人ずつなら待ち時間は表記の半分じゃね?”と思ったが
実際には表記どおりの時間を待った気がする。よくよく考えると
2人ずつを考慮して待ち時間を計算していたのかもしれない(笑)

 待っている間にコンパニオンさんを観察していると、結構頻繁に
入れ替わっていた。(60分で2回程度?)
「これは任天堂がしっかりとコンパニオンの労働環境に配慮している
のだろうか」などと思う。
また、体験プレイは時間制で、人が一斉に入れ替わるのだが、
入れ替わり時間中、コンパニオンさんはWiiリモコンを胸の辺りに
持ち、前の人から良く見えるようなポーズをとっていた。
「この待ち時間の行動まで指導が行き届いているんだなぁ」と
感心した。
 ただ、服装が白を基調としたものだったので、白いWiiリモコンが
服装に埋もれてしまい、写真が上手く撮れなかったのが残念だった。
写真を撮られない為の作戦なのかもしれないが(笑)


 そして、いよいよ自分達の番に。
まずは係員の人が実演を交えて解説。
その後、体験者2人にリモコンが渡される。

係「そのまま振ると素振りになります。Aボタンを押したまま振ると
  本番です。」
 「基本的にAボタンとスイング以外は使いません。Aボタンは決定
  などに使います。」
 「Wiiリモコンの側面でボールを打つイメージでスイングして
  下さい。」

などなど。

 そして、いよいよ自分でプレイ。
もちろんAボタンは押さずに素振り。意外とゲージをはみ出ない。
カナリ早めにスイングするとはみ出るようだ。
最初はティーショットなので強めに打つことにする…。が、
なかなかゲージをはみ出るほど早く振れない(苦笑)
制限時間制なので、素振りで時間がとられ過ぎても勿体無いので
「こんなもんかなぁ」というぐらい+少し強めぐらいでスイング!
結果は8割程度。うーん。なかなか強さをコントロールするのは
難しい。
fu-kaさんに代わる。fu-kaさんはゲージをはみ出すほどの強さで
スイング。少しラフにかかったが飛距離はナカナカ。

 2打目。何度かの素振りを経て、本番をスイング。
相変わらず、7割程度の強さ。うーんしょっぱい。
fu-kaさんは、相変わらずの強いスイングで(本人はそういう
タイプじゃないと思うんだけど(笑))打つ。同じくボヨンボヨンと
乱れて、斜めのラフへ。

 3打目。右上のマップを見ると3つ目の目盛り。
「よし、3つ目の強さで打つぞ…」と、入念に素振り。
しかし、全く安定しない(苦笑)同じ強さでスイングするのって
本当に難しいんだなぁと思う。この辺りは本当のゴルフ
全く同じなのではないだろうか。
素振りに時間をとられてはアレなので、えーいとスイング。
こんな時に限って、強過ぎてグリーンオーバー。
 fu-kaさんは深めのラフらしく、ゲージが3つ目までしかなく
4つ目は半透明に。相変わらず強いスイングで4つ目の7割ぐらい
までのパワーで打つと、ボヨンボヨンと乱れる。
どうやら、普段は乱れない4つ目の枠内だが、ラフなどで
半透明になると、そこから乱れるようだ。
これまた分かりやすいインターフェイスだ。
乱れたはずなのに、実力なのか運なのか、fu-kaさんはグリーンの
端に止まる。

 4打目。オーバーしたグリーンに乗せるために、微妙な
パワー調整。素振りを終えて、本番。

「…強い。」

ボールはグリーン越えて逆側へ。
もちろんfu-kaさんより遠い自分が再度打つ事に。

 5打目。念入りに素振りをして本番。

「…強い。」

さらにボールは逆側へ。

 6打目。このままではfu-kaさんに順番が回らないまま体験時間が
終了してしまう。それはさすがにマズイ…。ということで
非常に弱く打つ作戦に(情けない)。
素振りもせずに、とりあえず弱く打つ。
良いのか悪いのか、とりあえずグリーン上へ。
 fu-kaさんは練習してきたのかと問いただしたくなるほど絶妙の
パワーでパッティング。パワーはぴったりだったが、微妙に
カップをかすめて止まる。

 7打目。画面の3Dポリゴンの傾斜を見ながら(だったと思う)、
コースを予想。十字キーで打ちたい方向を選び、素振り。
本番を打つも短い。
 fu-kaさんは、残りの短いパッドを入れてパー。
なんでそんなに上手いんだ(笑)

 8打目。残りのパッドを素振りナシで。
なんとか入れる。


 こんな内容で、1ホール目はfu-kaさんの圧勝。
続いて2ホール目へ。
2ホール目で2打ぐらいずつ打ったところで時間がきて
体験プレイ終了。


 プレイしてみた感想としては、ゴルフっぽいけど微妙にゴルフとは
違う楽しいゲームだなという感じ。
本物のゴルフでは、バックスイングの大きさで飛距離を調節したり
する(ハズ)。それはある程度、クラブが重いので十分な距離を
設けないと十分に加速させることができないからだ。
ところが、Wiiゴルフの場合はリモコンが(スイングするには)軽い
ので、バックスイングの大きさ=飛距離の大きさ となりにくい。
軽いが故に、ちょっとした力加減がスイングスピードに反映されて
しまうのだ。
とはいえ、WiiスポーツWiiスポーツ”シミュレータ”ではない
のだから、これは大きな問題ではないだろう。単純にスイングスピードで
飛距離を調整するゲームとして遊べば十分楽しい。
むしろ、ゴルフというスポーツの面白さの抽出の仕方としては
正しい方向だろう。

 また、数値を排除したというのは大きい。
単純に「ゲージの大きさをマップのものと、パワーゲージで同じ
大きさにする」というのであれば、あまりゲームをやらない人でも
なんとなく出来そうな気がするし、数字の計算といった煩わしさも
減り、プレイのテンポも良くなるだろう。

 全体的なプレイを見ても、パワーの調整は非常にアナログな
スイングスピードによってのみ行われるので、目的のパワーで
打てるようになるには、実際にゲームで遊びまくる以外に方法は
存在しない。つまり、練習が必要なのだ。
これは実際のゴルフと全く同じだ。

 以上から、ゴルフは初心者向け、Wii向けに、かつ非常に上手く、
実際のゴルフの要素を抽出したゲームだと言える。


 純粋に面白い。
テニス同様、接待にはもってこいだろう。テニス以上に
練習をすればするほど、リモコンを振れば振るほど、上手くなる
というゲーム性が実現されている。
 ただ、テニス同様に一人プレイへの不安は残る。
ゴルフはパターゴルフなど、練習をゲーム化するといった手法が
本物のゴルフで行われているので、その辺りを活用したゲームが
あれば、テニスよりもやりやすいかもしれない。
(実際には「ワンパット」…カップを狙うパットの練習。
 「ニアピン」…ニアピンを狙って力加減を養う。
 「ターゲット」…コース上のターゲットを狙って打つ。
 などが収録されているようだ。)

 接待用に1本持っておいて失敗はしないだろうタイトルだと思う。



 以前のテニスの記事

・No.2 【テニス編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-73.html

と、今回のゴルフを持って、Wiiスポーツの感想は終わりです。
 Wiiスポーツ全般をみても、テニスとゴルフだけの為に買っても
失敗はないのではないだろうか。ただ、注意しないといけないのは
Wiiスポーツに収録されている「ボクシング」の対戦には
「ヌンチャクコントローラ」が2本必要だと言う事だ(初期では
リモコンとヌンチャクが1セットのみ。「はじめてのWii」に付属して
いるのはリモコンのみでヌンチャクはなし。)。
Wiiスポーツのボクシングで対戦したいと思う人はヌンチャクコントローラ
を忘れず買い足しておかないといけないだろう。



 さすがにずっと並ぶ→体験プレイを繰り返してきて疲れたので
次はちょっと休憩して、Wiiステージでも見学することに。
一度体験した「テニス」の解説だったので見てみる事にしました。
レポートは、その前に”見た”ゲームについて。
「パンヤ」と「ドラクエ」について書いてみようと思います。


icon
icon
(※上の画像をクリックして注文できます。<ゲオEショップ>)

(※上の画像をクリックして注文できます。<Amazon>)



●関連日記
Wii体験会 関連記事
・No.1 【入場編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-71.html
・No.2 【テニス編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-73.html
・No.3 【レッドスティール編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-75.html
・No.4 【すばらしきこのせかい編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-77.html
・No.5 【おどる メイド イン ワリオ編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-80.html
・No.6 【エレビッツ編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-85.html
・No.7 【ゴルフ@Wiiスポーツ編】Wii体験会レポート
(この記事です)


★東京ゲームショウ関連記事はこちら
スポンサーサイト

コメント

コメントありがとうございます♪

 そのように言っていただけるなんて頑張って書いている甲斐がありました(笑)
 Wiiスポーツはどれも普通に楽しく、誰にでもオススメできる感じでしたよ~
 新型Wiiでは新型DVDも再生できるようですし、スマブラに間に合うのであれば、そちらを選ぶのも手かもしれませんね♪

 また是非きてやってください♪
 はじめまして。Miroと申します。

 ブログを拝見させていただきました。Wii情報ですごいですね。自分は発売日当日に購入できないですが、今プレイしたいのが、WiiスポーツとスマブラXです。まぁスマブラが出るまでには本体が買えればいいかなと思っております。とにかく、早くプレイしてみたいですね。

 また伺わせていただきますね。

 では、失礼します。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。