• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.5 【おどる メイド イン ワリオ編】Wii体験会レポート

 弟が受験で正月にWiiを実家に持って帰れない者です。

 ちょっと間があいてしまいましたが、以前の日記に続き、Wii体験会
レポートです。
今回は「おどる メイド イン ワリオ」編。


icon
icon

 いよいよ人が増えてきて、どこもかしこも60分待ちが最低ラインに。
俺がワガママを言って、「レッドスティール」「すばらしきこのせかい」
をプレイさせてもらったので、次はfu-kaさんに選んでもらうことに。
「はじめてのWii」か「おどる メイド イン ワリオ」のどちらか、と
いうことだったので、「ワリオ」にすることに。
DS版のワリオがそうだったのですが、ワリオをプレイすると新ハードの
遊び方が全部分かっちゃうんですよね。あと「はじめてのWii」は面白さに
かかわらずコントローラ目的で買うかもしれないので。


 ワリオコーナーは「すばらしきこのせかい」を探している途中で
発見していたので、スムーズに移動。ワリオに到着。
 試遊台は全部で10台ぐらい?かなりの台数が用意されていました。
Wiiスポーツなどと同様に、写真のようにずら~っと横に並べて配置され、
それぞれで一人ずつ独立したゲームを遊ぶ。

ワリオ全体図


 特徴的なのは、一番通路側の台。
特設スペースらしく、そこは小さなリビングのような作りになっている。

ワリオ部屋



「自宅でプレイするとこんな”バカげた”感じになりますよ」
「どうです?このバカっぽさがいいでしょう!?」

という、ワリオチームからのメッセージなんだと思います。
 待ち時間は確か80分だったと思う。


 Wiiスポーツなど、広いスペースを設けているゲーム全般に言える
ことですが、試遊台の前にクネクネと列を作るスタイルは良い。
並んでいる間も、他人のプレイしている様子が観察できる。これにより
プレイイメージを持って係員の説明を聞いたり、自分のプレイに期待を
膨らますことができた。

 残念だったのは、試遊台前ではクネクネが徹底できていなかった事。
ぐるっと一周した後、デッドスペースのような角の部分に通されてしまい、
そこでは他人のプレイする様子が全く見えない。
せっかくワクワクした気持ちで楽しく順番を待てていたのに、その
スペースでは、退屈な時間をすごす事に。

 WiiのCM&ワリオのルール解説用モニターが設置されていたので、
そのスペースではルールを勉強して欲しいという意図だったのだろう
とは思うが、同じ内容がプレイスペースの上部に設置されているモニター
でも放映されているので、そこに着く頃には「既に見飽きた」状態に。
そこの人だけ、説明プレートのようなものを渡されるなど、もう一工夫
欲しかったトコロです。


 デッドスペースに入った途端、退屈になったので、でかくて重い
鈍く銀色に光るマイDSを取り出し、ピクトチャットに繋ごうとする。
隣でfu-kaさんも”薄くて軽いDS”を起動。「うわ。充電してくるの
忘れた!」とfu-kaさん。
十分充電してあると思って、充電してこなかったら電源ランプが赤く
光り始めたらしい…。ナム。
でもせっかくなので、二人でピクトチャットに繋いでみる。

 fu-kaさんの入っている部屋には5人ぐらい居たので、自分もソコへ。
…?誰も居ない…。fu-kaさんの画面をみると5人いる。でも自分の
画面には居ない。どうやら電波状況が非常に悪い様子。
仕方ないので、別の部屋に入ってみる。「今何してますか?」などと
発言してみるが、返事が無い。うーん、あんまり社交的な人じゃない
のかなぁ。などと思いながら「自分は今ワリオに並んでます。」と
手書きし、送信。送信…。そうs… え? 送信ボタンがないじゃん!
どうやら、電波状況が悪い時は送信ボタンの「SEND」の文字が消える
らしい。SENDが消えている間は、いくらタッチしても送れない。
しばらく待ってみても、全然ダメ…。
「きっと社交的じゃない人とかじゃなくて、電波状況の所為で
 話したくても話せなかったんだよな。みんな。」などと考え、
寂しくなんかないさ、と自分に言い聞かせる。
 fu-kaさんは電池の残量を考え、ピクトチャットは諦めて、
どうぶつの森」の「すれちがい通信」で遊ぶ事にしたらしい。


※ 「すれちがい通信」はNintendoDSをプレイ中に閉じ、省電力
モード(スリープ状態)にした状態で、同じ状態のDSを持つ
他のプレイヤーとすれ違う時に実現できる通信。
もちろん、対応しているソフトをお互いが実行している
必要がある。

 「どうぶつの森」のすれちがい通信では、不特定多数の
人にメッセージボトルを流すことができる。自分は誰かが
流したメッセージの中から最初に届いた1つを拾うことが
できる。
メールのように、届いたら返信ができるわけではなく、相手の
連絡先のような情報は一切残らない。一方通行かつ一回きり
というのが特徴。
実際に活用しているところは初めて見たが、このもどかしさが
逆に心地良い。この辺りのバランス感覚はさすがだなぁと思った。


 と、そうこうしているウチに、自分の番に。
通されたのは特設ステージ! …のひとつ手前の普通の場所。
「ちっ。俺だったら周りの人がやりたくなるぐらい、全身を
 使って楽しんで見せるのになぁ。」などと思いながら、自分の
場所へ。

「基本的にはゲーム中はボタンは一切使いません」
「最初に”お作法”という形でどのようにリモコンを持つか
 指示がでますので、その通りに持ってプレイしてみてください」

との事。
 「ボタンは一切使いません」と言い切れるゲームデザインって
やっぱりインパクトがあっていいなぁなどと思う。

(お作法の例)
http://www.nintendo.co.jp/wii/rodj/blog/wario/comment/index.html#niki1117


 というわけで、ゲームプレイ。 「出るまで書け」
  …リモコンをペンに見立てて、ボールペンが出るまで書く

「開けろ」
  …リモコンをひねってカギを開ける

「落とすな」
  …リモコンを手の上にのせ、手の上に立てられた棒を落とさない

「落ちるな」
  …リモコンを両手で持ち、球の上のパンダ?を落とさない

「(タイトル不明)」
  …リモコンを腰にあて、ジャンプし、女の子の縄跳びを成功させる

「炒めろ(?)」
  …リモコンをフライパンのように動かして

「ゴールしろ」
  …リモコンをハンドルに見立てて、車をゴールまで運転


などなど、10種類ほどのゲームをプレイ。
(参考動画)
 http://wii.com/jp/articles/wario/index.html

 うーん。素直に楽しい!面白い!
「どれだけ恥を捨ててバカになりきれるか」が、楽しめるかどうかの
境目にはなりますが、”同じアホなら~”の精神でバカになって
楽しむべきソフトでしょう。テーマが馬鹿げているのが、プレイヤーの
恥を消し去るのを助けています。
 自分は、なわとび以外は無事成功しましたよ♪

 体験版ということもあって、どの台も同じ内容のミニゲームかなと
思っていたが、持ち方(お作法)は同じでも、違うゲームがランダムで
そこそこ出る模様。
fu-kaさんと自分では10種類のうち、3種類ぐらいは違っていたかも。

 コンパニオンのお姉さんが、彼女であるかのような接し方で
接してくれるので余計楽しかったですね(笑)
成功したら一緒になって喜んでくれて、失敗したら一緒になって
悔しがってくれて、ほんの一瞬の合間に雑談なんかもしながら
プレイしてました。お姉さんの反応がわざとらしかったら
冷めてたかもしれませんが(苦笑)

 ワリオは「成功」「失敗」の2つしかなくて、それが周りからも
一瞬で判断できるぐらい明らかなので、他の人と一緒になって
喜んだり、悔しがったりといったような楽しみ方ができるんでしょうね。
 次から次へと課題が投げかけられるので、失敗にクヨクヨしてる
暇もないというのもウマイ作りだと思います。


 しかし、毎回思うんですが、ワリオはもっと後になってから
出して欲しいですねぇ…。
卑怯です。本当に(笑)

 世の中のDSやWii用ゲームは「この機能をこうやって使ったら
面白いに違いない」という核になるアイデアが生まれたとしても
それ単品ではゲームにならないので、シナリオをつけたり
グラフィックをつけたりして、ゲームにしなければなりません。
アイデアがあっても、ゲームになるために時間と労力と費用が
かかるのです。
 ところがワリオは、数の力でそれを押し切ります。
アイデアだけをわずか5~10秒のミニゲームという形で商品に
してしまいます。ゲームにするための時間などは切り捨てて、
数の力でイチ早く発売しているのです。
 これにより、世の中の多くのゲームが採用した(生み出した)
操作性のアイデアは”ワリオの二番煎じ”になっていくのです。
ワリオが”早く発売するのに適したゲームデザインである”
という理由だけで。

 まぁでも、初期に発売しないと、今度はワリオが「どこかで
見たゲーム操作をミニゲームで大量に楽しめる」というだけの存在に
なってしまうので、ワリオとしては初期に発売しなければイケナイ
というのはその通りなんですけどね…。


 自分が欲しいかという点については、欲しい。作る側としては
「もうちょっと待ってよ」って感じですが(苦笑)
 複数人でプレイできるということだし(最大12人!)、1つの
WiiリモコンをまわしてもOKということなので、これほど優れた
接待ゲームはないでしょう。
しかも、このゲーム性なので、両親など普段ゲームをプレイしない人も
巻き込んで遊べると思います。
「Wiiリモコンってこんな操作ができるのか」というのを知る事も
できるでしょう。
 Wiiスポーツのところで

> 不安があるとすれば、一人プレイ。
>一人暮らしの自分の部屋で、黙々とリモコンを振って
>NPCと対戦したいかというと…微妙かも。
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-73.html

と書きましたが、ワリオは一人暮らしの部屋で、リモコンを振っていたい。
ただし、「黙々と」ではなく、ワーワーギャーギャー、一人で叫びながら(笑)
そういう馬鹿げたプレイが許される…というより求められている
ゲームだと思うので。

 接待用に最高の一本でしょう。
 前作「さわるメイドインワリオ」には181本のゲームが入っており、
その数の多さから、どんなゲームが入っていたか覚えきれなかった。
覚えきれない事が、逆に新鮮な気持ちでのプレイを可能にしていた。
 今回の「おどるメイドインワリオ」には19種類のお作法、200種類
以上のゲームが入っているという事なので、この点も不安はなさそう
です。
 ワリオシリーズが好きな人、接待用ソフトを探している人なら
ハズレはないかと思われます。


 次に向かったのはコナミの「Elebits」。
レッドスティールでポインティング性能に不安を感じたので、
ポインティングの性能を確かめる為に行ってみました。

(つづく)


icon
icon
(※上の画像をクリックして商品の注文が可能です)



●関連日記

Wii体験会関連
・No.1 【入場編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-71.html
・No.2 【テニス編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-72.html
・No.3 【レッドスティール編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-75.html
・No.4 【すばらしきこのせかい編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-77.html
・No.5 【おどる メイド イン ワリオ編】Wii体験会レポート
(この記事です)

★東京ゲームショウ関連記事はこちら
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。