• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.3 【レッドスティール編】Wii体験会レポート


●関連日記
★Wii体験会関連
・No.1 【入場編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-71.html
・No.2 【テニス編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-72.html
・No.3 【レッドスティール編】Wii体験会レポート
(この記事です)

★東京ゲームショウ関連記事はこちら
--------------------------------------------------------

 ワインが気管に入って、しゃっくりが止まらなくなった者です。

●Nintendo iNSIDE
「Nintendo World 2006 Wii体験会 大阪会場」開催
  http://www.nintendo-inside.jp/news/194/19441.html

といった記事など色々情報が出回って、非常に盛り上がっている
Wii体験会に関する続きです。


 Wiiスポーツ(テニス)を終えて向かったのは「レッドスティール」。

●レッドスティール 公式サイト (※音がでます)
  http://www.ubisoft.co.jp/redsteel/

●Nintendo iNSIDE
『レッド・スティール』公式発表、プレサイトもオープン
  http://www.nintendo-inside.jp/news/182/18202.html
●ゲーム&情報ブログ(SF&NF)
レッドスティール最新画像またまた公開!
  http://segafan.blog62.fc2.com/blog-entry-17.html

などの記事でも話題になっていますね。
 オープニングムービーも公開されていました。

●ゲーム雑考「月に群雲、花に風」
 Wiiのレッド スティールのオープニング動画
  http://likeharmony.blog74.fc2.com/blog-entry-86.html

「DAD! ハナシタイ コト ガ イッパイ アルノ!」
「オチツキナサイ.ワガ ムスメヨ.」
「ゲンキ ダッタ カ?」
「トッテモ ゲンキ ヨ.」

 ……。
日本版もこのままなのでしょうか…?(笑)


 Wiiにおける大人向けタイトルの出来を確認するのが目的。
「ポインティングの操作性」「グラフィックの性能」「ヌンチャク
コントローラの性能」なんかを体感してみたいと思う。

 地図が無いので、やっぱり何処にあるかわからない。
仕方ないのでブラブラとしながら、レッドスティールを探す。
意外と人が少なく、これなら結構回れるんじゃないの?と思う。

 隣の建物まで行って、ようやく発見。
前に並んでいるのは6人ぐらい。名古屋ではカナリ人気だったって
聞いたんだけどなぁ。
 試遊台は2台。 それぞれで一人ずつ独立したゲームを遊びます。
友人と一緒の場合は、各試遊台にまとめて移動し、そこで説明を聞き
一人ずつプレイする様子。

 fu-kaさんと前の人のプレイを見ながら色々と話す。
「射撃ボタンはAボタンかな?」
「思ってた程画像は綺麗じゃないねぇ」
「弾数に制限はあるんかな?」
「あ、あの左上のがHPゲージなんじゃない?」
「なんか隠れてると自動回復してるよ?(笑)」
「メタルギアだとL2とかR2とかで覗き込んで射撃とかできるんだけど
 Wiiのあのコントローラだと出来なそうだよね」
などなど。
 未プレイのゲームについて、これほど色々想像できるのはWii
ならではと言えるのだろう。

 そんなこんなで、自分の番に。
 担当の男の人にリモコンとヌンチャクを渡される。

 プレイ時間は10分。死ぬとチェックポイント(最初?)から
やり直し。「剣での戦闘がメイン」か「銃での戦闘がメイン」かを
選んでゲームスタート。

 操作は、説明の通り、リモコンとヌンチャクコントローラ
(リモコンの下部にケーブルを差し込むことで繋げられたレバー型
コントローラ。円柱のような形をしていて、側面にボタンが付いている)
を用いて行う。
 リモコンの裏のトリガーで弾を撃ち、Aボタンは使用しない。
旋回はポインタを画面端に移動させることで行う。
ヌンチャクを上下に振ることで武器を持ち替えることができる。
(武器を複数所持しているときのみ)

 自分はポインティングの性能を知りたかったので「銃での戦闘」を
選択。
最初は下りの階段からスタート。
 ゲームをプレイしながら、説明を受ける。「リモコンの裏の
トリガーで弾を撃てる」「ヌンチャクのレバーを倒すと移動できる」
「顔の動きのような動きリモコンでする」(要するに、画面外の敵を
捕捉するための旋回などは、ポインタを画面の端に持っていけ と
いうことのよう)などなど。
 階段を降り、少し直進し、行き止まりを右に旋回。するとちょっとした
バーのような場所に出る。そこには敵が。

 ポインティング位置には白い小さな点が。どうやらあたった時は赤い点、
外れた時は白い点になるようです。
真正面から来た敵を一人倒すと、画面の外周が赤くなりHPゲージが減る。
どうやら何処かから撃たれているらしい。右を向こうと右端にカーソルを
あわせようとするが合わない。無駄に上の方を見てしまったり、下のほうを
見てしまったり…。そんなことをしているうちに死亡…。
最初のマップをクリアするどころか、最初に敵に遭遇した位置から動いて
ない予感…。
 画面に「終了する」「リトライ」の表示。

 「もう一回させてもらってもいいんですか?」と係員の人に聞きながら
後ろの列を見る。いつの間にか結構な数の人になっている。
「じゃあもう一回だけ」と言ってもらえたのでリトライ。

 ヌンチャクの側面ボタンを押すとしゃがめる事を発見。
再度、直進して右に曲がりバーへ。
バーカウンターの奥に隠れている2、3人と戦闘。
その途中に左奥の部屋から敵が。無駄に(?)しゃがんだりしながら、
瀕死になったがなんとか倒す。右奥の部屋に敵の影が見えたので
右奥の部屋へ。
敵は上手く物陰に隠れているのに、自分は通路のど真ん中。
何発も撃たれながらも、直進して敵を倒す。
 すると後ろと前から敵。
とりあえず後ろの敵を倒すと、サブマシンガンっぽい銃が出現。
武器は黄色の枠になっており、一目で分かる感じ。
せっかくなので、アイテムを拾って持ち替えを体験しようとアイテムを
拾いにいく。
拾って、後ろを振り返ったところを、撃たれて死亡…。

 もう一回…はさすがにさせてくれないようで、交代。
文章にすると結構長い時間プレイしているようにも読めますが
敵が次々くるので、実質のプレイ時間は2回合わせて5分無いぐらいで
終了でした。

 外からfu-kaさんのプレイしている様子を見学。
初め、一生懸命Aボタンを押して弾が出ないfu-kaさん。
「トリガーだったよ」って言ってあげたのに(笑)
俺と同じように即死亡。やり直すも右奥へ進もうとした辺りで死亡。
隠れるとHPが自動回復するので(なんで!?)、それを利用しながら
進んでたけど、最後は隠れようとしたところを敵に見つかって
殺されてました。
お互い(なぜか)別々の試遊台に通されましたが、どちらもプレイ時間は
5分ないぐらいでした。この手の慣れが必要なゲームなんだから、
10分ギリギリまでプレイさせるべきだと思うんですが。


 うーん…。やっぱりこの手のゲームは慣れが必要だなぁと痛感。
 リアリティを追求する為だとは思うが、現在のポインティング位置を
示すモノが小さく単純に白いだけ(枠等がない事)が、非常に
操作性を悪くしている。特に白い背景の時などは、現在の
ポインティング位置が分かりづらいので、敵をロックオンできて
いるのか分からない。
現在のポインティング位置が分からないので、加減が分からず、
思うように旋回ができない。
弾が当たったら赤、外れたら白というのは、リアリティとゲーム性の
中間を取った案だったのかもしれないが一回きりの体験プレイでは
ちょっとつらい。慣れたらなんとも無くなりそうではあるが。

 一回きりの体験プレイにしてはレベルが高すぎる。
海外開発のゲームだという事もあるのかもしれないが、レベルの設定が
高すぎるように思う。
やはり、初めてプレイする人でもソコソコ進めるレベルに設定すべきだろう。
例えば、初めは明らかにアホな(ずっと立ちっぱなしで撃つことすら
しないような)動きの敵と一対一で戦うところから導入すべきだろう。
それをイキナリ複数の敵だわ、バンバン撃ってくるわ、複数箇所から
次々と敵が出てくるわ、では初心者プレイヤーは全く楽しめない。

 体験プレイの目的を勘違いしている。
これは上の意見と重なる部分もあるが、体験プレイの目的の設定を
誤っているということだ。「体験プレイ」というと未発売のゲームなどを
プレイヤーに”体験させる事”が目的のように聞こえるが、それは誤りだ。
実際には、体験させる事よりも、”欲しいと思わせる事”こそが重要だ。
「ゲームの一部分を体験してもらって、それで判断してもらいたい。」
そういう意見もあるかもしれない。しかし、現実にはプロモーション
なのだから、プレイヤーに媚びる事、プレイヤー側へ歩み寄る事が重要だ。
 今回のレッドスティールは、ゲームの一部分を切り抜いてそのまま
展示した感が強い。しかし体験プレイの正しい姿としては、

『FPSがあまり普及していない、すなわち、FPSの操作が不得意な人が
多い日本において、本作の面白さを体験してもらう事』

を目的とすべきだ。
そこから

『非常に簡単なステージで操作に慣れさせる、普通の戦い方を体験させ、
 必殺技のような特徴的な、爽快感が得られるシーンを説明を交えながら
 体験させる』

という事が実現できるレベルを作成するべきだ。という結論になるだろう。
 日本向けのレベル作成ができていないという点で、レッドスティールの
体験プレイは失敗だと思う。
この体験プレイで分かる事は「どうやら難しいゲームのようだ」という事
ぐらいだろう。


 体験プレイについては酷評したが、ゲームそのものについては、
まぁまぁなんじゃないかなと思う。
 プレイ画面は、PS2のそこそこ綺麗なゲームと同じ程度。
Wiiの中ではカナリ綺麗なゲームなのかなと過剰な期待をしていたので
個人的には少しガッカリした。
 切り抜いたシーン(?)がこのレベルだとすると、難易度については
多少危うさを感じるが、FPSはやり込んで上達していく事自体を楽しむ
ゲームだと思うので、上達のし甲斐はありそう。
 また、画面に複数現れる敵をバンバンバンと次々と倒すプレイが
かっこよく映りそうでもある。「フリーズショット」という、敵の時間を
止めて、一気に複数の敵をロックオンし、まとめて倒すという必殺技も
あるらしいので。(これこそ全ての人に体験させるべきだろう!)
 また、やはりメタルギアシリーズのように”隠れた状態から
上半身だけ乗り出して射撃”といったことはできなそう。
しゃがんで隠れておいて、立ち上がって射撃。その後、すぐ
しゃがむといったことは可能。
しかしこれはでは、高さがあまりないオブジェクトがある位置だけでしか
実現できないことになり、プレイの幅が制限される。この辺りが
操作の単純化による弊害かなと思う。

 そのゲーム性から、Wiiスポーツと違い一人で部屋で遊んでも
あまり違和感はないかもしれない。
またマルチプレイモードがあるらしいので、友達と一緒に対戦も可能な
ようだ。ただ、レッドスティールを持っている者同士でないと対戦にすら
ならない操作性ではあるので注意。

 もう少し、プレイすることがカッコイイゲームなんだということを
周知させることができたら、化ける可能性もあると思う。
 一人用ゲームを求めている人で、操作性などにクセがあっても
上達するまでプレイし続ける根性のある人にはオススメ。
FPS嫌いな人には薦められないかも。



 そういえば、体験会ではWiiリモコンのスピーカーがOFFに
なっていたのか、テニスにしろレッドスティールにしろ、リモコンから
聞こえる音で臨場感が得られるという事を体験できなかった。
これも体験したい要素だったので、非常に残念だ。
レッドスティールなんかでは、銃の発射音がリモコンから聞こえてきたら
ナカナカ気持ちよさそうだ。


 そこそこ人が増えてきたのか、どこもかしこも混んできた様子。
それぞれが30~45分待ちに。


 次は、TGSでは混んでいて体験できなかった「すばらしきこのせかい」
をプレイしに行くことにしました。
(つづく)

--------------------------------------------------------
●関連日記

★Wii体験会関連
・No.1 【入場編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-71.html
・No.2 【テニス編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-72.html
・No.3 【レッドスティール編】Wii体験会レポート
(この記事です)

★東京ゲームショウ関連記事はこちら
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。