• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.2 【テニス編】Wii体験会レポート

●関連日記

★Wii体験会関連
・No.1 【入場編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-71.html
・No.2 【テニス編】Wii体験会レポート
(この記事です)

★東京ゲームショウ関連
--------------------------------------------------------

 ワインが気管に入って窒息死しそうになった者です。

 入場後、即向かったのはWiiスポーツコーナー。




噂でテニスが一番人気と聞いていたので、テニスを探す。
先日の写真のような地図(下写真)しかないので、各タイトルの配置が
全く分からない。

地図



仕方ないので、入場して直ぐに居た係員に聞く。すると
「場所は分からないので、そこのインフォメーションで聞いて下さい。」
との事。地図の配布もないし、係員も場所を把握してないのは酷いなぁと
思いながらもインフォメーションへ。
直ぐ裏手がWiiスポーツとのこと。早速向かう。

 Wiiスポーツ(テニス)は全部で8台~10台ぐらい設置されていて、 各機に一人ずつ女性コンパニオンの方がついています。
コンパニオンの方が、まず最初に設定をし、簡単に解説をした後で
体験プレイという事になります。
 1台につき2人ずつ対戦をするという形式だったので、2~3回目ぐらいで
自分の番が回ってきました。開場直後に並んだ事もあり待ち時間は
5分ぐらいでしょうか。

 まず、コンパニオンの方に利き手を確認される。そこで設定が
必要なら設定をし、リモコンに付いているストラップの輪を
差し出される。そこに手を通して、リモコンを握らされる。
ストラップには”絞り”が付いていて、それを締めることで、
すっぽ抜けないようになっている。
以前、「Wiiリモコンをテレビ画面にぶつけてテレビを壊す事故が
多発して、専用の防護フィルターが発売されるんじゃない?」と
冗談交じりに言っていたのだが、非常に簡単な方法で事故を防ぎに
きたようだ。
 リモコンの重さは、重くもなく軽くもなく…といった感じ。
おもちゃのような軽さはなく、適度な重量感がある。
また裏側にトリガーが付いている。

 プレイ内容は2人対戦。1ゲーム先取で、どちらかが勝利するまで
プレイさせてくれるとの事。

 操作はリモコンのみを使い、ヌンチャクコントローラ(スティック)は
使用しない。
また、試合が始まってしまえば、リプレイのスキップにAボタンを使う
以外は、全ての操作をリモコンの移動のみで行う。

 サーブの時はリモコンを下から上へ振り上げ、ボールを放り投げる。
その後、適当なタイミングでリモコンを上から下へ振り下ろすと、
サーブが打てる。
(このとき、ボールが最高の位置で撃つとロケットサーブという(?)
強力なサーブが打てるそうです…が、私は一度も成功しませんでした(笑))

 その後は、基本的に後ろから前へ、ラケットを振るようにリモコンを
振ることでボールを打ち返すことができる。ボールがキャラクターの
右側に来た時は右側で、左側に来た時は左側でリモコンを振る。
 下から上へ移動させながら振ると、トップスピンがかかりボールが
低めで飛ぶ。下から上へ移動させながら振ると、バックスピンが
かかりスライスになってあまりバウンドしなくなる。また、ロブを
打つ事もできる。
 また、リモコンを振る速度が検知され、ショットの強さに反映
される。
…ということでしたが、体験時間が短いこともあり、ロブぐらいしか
意識して打つことはできませんでした;
あとは、少し強めに振ったら、強めの球が偶然打てたことはあったかな。

 テニスゲームの基本である、球を打つタイミングをずらす事による
コースの打ち分けはしっかり実現されており、意図的にコースを
狙うことはできた。

 試合は、2対2のダブルス形式で行われ、一人2キャラクターを
操作する。しかし、各キャラクターは全て自動で球を打てる位置に
移動してくれる。
前衛で球を打つタイミングでリモコンを振り、空振りしたとしても、
後衛が球を打つタイミングでリモコンを再度振れば、後衛で球を
打ち返すことができる。

 プレイヤー同士の対戦の場合は画面が左右に分割され、
それぞれに自分のコートが手前に表示される。

 反応も非常に良好で、自分の思い通りの動作をしなかったり、
実際の動作とゲームの反応の誤差があったり、といったことは
一切なかった。


 「1ゲーム先取で決着がつくまで」との事だったが、ラリーが
続き、プレイ時間の限界(10分?)がきてしまい、終了。


 やってみると、本当にテニスをやっているのに非常に近い
感覚でした。ついつい、腕が大振りになってしまい、コンパニオンの
方に「もっと小さな動きでも感知しますので…」と注意されるほど。
 でもやっぱりこういうWiiみたいなゲームをプレイする時は
恥を捨てて、最大限バカになって楽しまないとダメだと
思うんですけどね。
安全の関係上、注意しないといけないってのはあるんでしょうが。

 純粋に面白いと思います。
特にお客さんが来た時の接待にいい感じでしょうか。
あとは、本当のスポーツのように、練習をすればするほど、
つまりリモコンを振れば振るほど、強くなるというゲーム性に
なっていたのが面白かった。

 不安があるとすれば、一人プレイ。
一人暮らしの自分の部屋で、黙々とリモコンを振って
NPCと対戦したいかというと…微妙かも。
また、毎週末、実際に外にテニスをしに行く家族が、みんなを
集めて「一緒にWiiスポーツするか~」となるかと言われれば
「それはないだろう」と言わざるを得ない。

 接待用になら一本持っていてもいい感じかな。
誰でも基本的なルールなら知っているゲームだし、テニス以外にも
多数のスポーツ(ゴルフ・ボーリング・ボクシング)が入って
いるのでお得だし。




 テニスのプレイが終わって周りを見ても、会場直後という事もあり
人はそれほど多くない印象。人気だと聞いていたテニスにも人は
まばら。
これなら色々回れそうかな…?と感じました(すぐにそれは誤りだと
気づくのですが)。


 次は、Wiiの描画性能を見極めるという点と、大人向けゲームの
出来を見極めるという点で、”レッドスティール”をプレイしに
行く事にしました。
(つづく)

--------------------------------------------------------
●関連日記

★Wii体験会関連
・No.1 【入場編】Wii体験会レポート
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-71.html
・No.2 【テニス編】Wii体験会レポート
(この記事です)

★東京ゲームショウ関連
スポンサーサイト

コメント

●株★途上さん
 こちらこそ訪問返しありがとうございます^^

 確かに3時間は大変そうですよね;;
こちらもDSでピクトチャットとか試してたんですが、電波状況が悪すぎて
全く遊べませんでしたし;;

 こちらこそ、また訪問させていただきますね^^
ねこさきさんへ
ブログ訪問&コメントありがとうございます!

テニス体験されたんですね!しかも待ち時間5分!
自分は「ゼルダ」で3時間たいくつしのぎに大変でした。

たしかに1PLAYだとWiiSportsはつまらないかも?
みんなで「わいわい」やるゲームですね!

また、訪問します。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wii 体験会まとめ

Wii(ウィー)の体験会まとめです。 今回も多くの方がWiiを楽しんでいた模様です。 もう発売まで秒読みとなりましたね。 イベントではWiiが100人に当たる?などもあったようです。 ゲーマガblog 体験会会場内 マジック大全 任天堂 Wii+DS情報 - 任天堂タイムス NINTENDO Tim
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。