• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーバースデー高橋名人

 今日はあの高橋名人の誕生日らしい。
 必殺技の16連射が、今では12.4連射になっちゃってました。
高橋名人がハドソンの社員だというのは今では有名な話ですが、「名人」になったのは、『顔が売れてるタレントさんにお願いすると、ゲームについて一から説明しないといけないから』だったとか。
 当時は”ゲームをプレイする人からヒーローを作り出して、子供を惹きつける手法”(なんと高橋名人は16連射でスイカを粉砕できたのだ!)が主流だったが、今は”ゲームを作る人からヒーローを作り出して、ユーザーを惹きつける手法”が主流になってきている。
「宮本茂のマリオ」だったり「糸井重里のマザー」だったり「小島監督のメタルギアソリッド」だったり「桜井政博のスマブラ」だったり…。
 今やゲームは子供の遊びではなく、20歳を超えた大人も遊ぶアイテムだから、遊び方のヒーローを作るより、作り手のヒーローを作り出したほうが有効なのだろう。
 実際、「○○さんのようなゲームクリエイターになりたい」とゲーム業界を志望する人も少なくないらしい。
5/22の小島監督のインターネットラジオ「HIDECHAN!Radio.」の中でもそんなことが語られていた。
しかし、その何%が”使える”ゲームクリエイターとして業界に乗り込んで来てくれるのか…。
本当に使えるゲームクリエイターとして乗り込んで来てくれる人は、そんなセリフ言いたくないと思って入ってくるのではないか。
 きっと本当の狙いは「そういうセリフを言って志望してくる人」ではなく「○○さんを尊敬しています。でもいつかは超えてみせます。という想いを持って志望してくる人」を増やすことなのだろう。

 自分も尊敬する社員が所属するという理由で会社を選んだ一人だ。
 これが正解か間違いか、一年後には結果が出るのだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。