• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょういくじっしゅうさいしゅうび 2 -- 今後実習へ挑む人達へ

20060629034605.jpg



 「きょういくじっしゅうさいしゅうび 1」に書いたように授業は
酷いモノのまま終わってしまった私ですが、生徒指導は一生懸命
やったし、ある程度上手くいったのではないかと思っています。
 写真は生徒からもらった色紙と感想文。

生徒に対して伝えた話は次の3つ。

・『かっこつけ』の話
・『可能性の木』の話
・『夢』の話。


 『かっこつけ』の話とは、”プライドを持って行動しろ”
”自分の中に基準を持て”という話。
「誰かが困っていたら手を貸す」「友達がおかしい事をしていても
自分がおかしいと思ったら加わらない」などという行動を
”自分が格好を付ける為にする”という事です。
「先生に怒られるから」「誰かに見られているから」など
他人に理由を求めると、その他人がいない所では悪いことでも
やってしまう事になります。ところが”自分の為”であれば
周りに友達が居ようが、誰も見て居なかろうが、出来るはずです。
そこで、私は「かっこつけろ」と言い続けてきました。
 そして、”その「かっこつけ」が上手く出来たときは、自分を
褒めろ。自分を好きになれ。そうすれば、もっと
「かっこつけ」たくなるから”と言い続けてきました。
 普段の生活では「格好ばっかり気にしやがって」「ええ格好しぃ」
など”格好をつける”という事はあまり良い印象はありませんし
ましてや「かっこうをつけろ」などと言う先生は居ないでしょう。
そこへ私が「かっこつけろ」と言い出したので、子供達には
衝撃的に伝わったようです。
 事実、この話をして以来、今までは協力しなかった教室掃除を
積極的に手伝ってくれるようになりました。


 『可能性の木』とは、人生における可能性の話。
 人間は生まれて直ぐの赤ちゃんなら、宇宙飛行士にもなれるし、
もしかしたらアメリカ大統領にもなれるかもしれない。しかし
70歳、80歳のおじいちゃんが宇宙飛行士になるのはかなり難しい。
それは、人生における『可能性の木』の話なんだ。
生まれて直ぐの赤ちゃんは可能性の木の根っこに居るから、
どこへでも伸びていける。可能性の木の端っこにいるおじいさんは、
他の端っこにある宇宙飛行士になるのは難しい。
君達はまだ可能性の木の下の方にいるから、何にだってなれる
可能性がある。
 そして、人間は生きていく上で、可能性の木をいろんな方向に
伸ばしていく。でもそのとき、反対方向に伸びていく枝を切り落として
進んでる。何かの可能性が増える反対側では、別の何かの可能性を
失っている。だからその失った可能性というモノをしっかりと
認識しないといけない。そして失った可能性を無駄にしない為にも
今選んだ可能性の枝を最大限伸ばす努力をしないといけない。
という話をしました。


 『夢』の話とは、夢とは何か。という話。
”夢=将来したい事、将来なりたい職業だ”という話。
そして、夢がない人は、”自分が一番好きなもの、自分が時間を
忘れて取り組める事”が何かを考えて見るといい。それを自分の夢に
して良いんだ。という話。
 さらに、自分は大学で「自分は先生になりたい。生徒にしてあげたい
話がこの大学で一番多いのは自分だ。」と自信をもって言える。
夢を持っているだけじゃダメ。「自分がどんな夢を持っているか。
自分がその夢に向かって学校で一番努力をしている。」と友達に言える。それぐらいになって初めて自分の夢が実現する可能性が
でてくるんだ。
 だから、”自分がどんな夢を持っているかを友達に言えるように。
自分が学校で一番だと友達に胸を張って言えるようになれ。
そうすればきっと夢は実現できる。”という話をしてきました。

 最終日の最後の挨拶で、不覚にも自分から先に泣いちゃいました。
その所為で(?)生徒達は泣くタイミングを失っちゃった感じ。
結局もらい泣きしてくれた生徒が、2,3人はいたようですが…。
もっといっぱい泣いて欲しかったけど(不謹慎?)仕方ないかな(笑)
 素直な生徒が多いクラス、親切な先生方ばかりの環境と
本当に恵まれた実習でした。
自分の話で生徒の行動が変わった瞬間に遭遇した時には「これが
教師の喜びか!」と体が震えるほど感動しました。
 自分は教師にならずゲームプログラマーになるという道を
選ぶわけですが、この貴重な経験をどこかに生かしていければ
と思っています。本当に素晴らしい経験をありがとう!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。