• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょういくじっしゅうむいかめ

 今日で教育実習も六日目でした。いよいよ二週目に突入です。

 今日の授業は、前回「つまらなかった」とズバリ言われてしまったので
もう少し入りやすいように、『口調の変更』『ちょっと無駄話を入れる』
という事を試してみました。生徒の食いつきは上々で、前回よりは
授業に入ってきてくれたように感じました。無駄話というのは
夜中にやってるテレビの通販番組の話で、包丁の宣伝なのに電線を
持ち出して切り出したり、最後にはまな板まで切っちゃう。という
ような話をし、「そこでは包丁を売り出してたけれども、先生は今日は
分配法則を売り出している。みんなは数式をズバズバ切ってくれ」
というような話をしながら進めました。
 しかし、口調に関しては授業後に指導が…。「校長先生や教頭先生、
他の先生方が見にこられた授業の中で同じような口調で授業が
できるか?」と指摘されました。これだけであれば、「できます。」
と答えることも可能なぐらい、自信を持ってやっていた行動では
あったのですが…「生徒に真剣に考えさせるには真剣な口調で話す
事が必要だ。」と言われてしまうと何も反論できませんでした。
実際、仲の良い授業は悪いものではありませんが、それが行き過ぎると
「なにをやっても許される授業」になってしまい、生徒が「自分で
考えなくてもなんとかしてくれるだろう。」という甘えを生んでしまう
可能性があるという事なのでしょう。指導していただいている先生が、
生徒と親しくされる先生であったので、そのようなことが出来ないかと
自分なりにやってみたのですが、「私も生徒に対して親しい口調で
話す事もあるが教える部分、真剣に考えさせる部分では、真剣に
話すように意識して話をしている」という事でした。やはり表面だけを
真似てもダメですね…。その先生の裏側や想いを知ってこそ、その先生の
いいところを真似できるのでしょう。
 明日はもう少し口調に気をつけながら、楽しい授業にできるように
頑張ります!

 他に指摘があったのは”全体に問いかけて、その場で答えを
求める展開の時”の事。一つ一つ手を上げて答えてもらうと時間が
なくなってしまうので、問いかけ→声を出して返答 というのを
使ったりするのですが、「そのときに答えてくれるのは大抵できる生徒
なので、その生徒達とキャッチボールだけをして授業を進めてしまうと
”落ちこぼし”の生徒が出てきてしまうよ」という指摘でした。
 今後は、弱い生徒をきちんと把握し、その生徒を意識した授業を
展開できればと考えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。