• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激ムズ マゾゲームはユーザーとゲーム製作者の会話を生む


家のデスクトップとマックブックが次々と不具合を起こしている者です。
ウィルス(トロイ?)くさい。

凄いゲームを見つけたので紹介。
著作権が危なそうなので、あまり大々的に紹介するのもダメくさいんですが。
過去にゲームでランキング1位になったりしているようなので、ニコラー(?)、ニコ動ユーザーさんなら既に見たことがあるかもしれません。


「I wanna be the guy」

です。

まとめはこちら。
 http://www.nicovideo.jp/mylist/10626384

実況動画一回目はこちら。
 (http://www.nicovideo.jp/watch/sm5662543)




このゲームの凄いところは以下のとおり。

 ・製作者がプレイヤーを騙そう、ひっかけようという作りだけで成り立っているので、製作者vsプレイヤーの読みあいというゲームになっている。
 ・ニコ動(コメント投稿システム)との相性が最高のゲーム。観客も一緒になって「○○じゃね?」と言える。
 ・実況動画との相性が最高のゲーム。観客もプレイヤーの感想が気になる。
 ・プレイヤーを騙す仕組みが凄い。アイデアが秀逸。
 ・自分ではやりたくないが他人のプレイは観てみたいゲーム。
 ・プレイヤーの上達が結果にしっかりつながるゲーム。(壁が優秀)


正直、ニコ動というシステムがなければ、ここまで盛り上がらなかったゲームだと思います。
まさに今の時代だからこそ評価されたゲームとして面白いなと。

そして、製作者vsプレイヤーの読みあいが

 プ「ここって、こうなってるんだろー?」
 製「残念でしたーこっちでしたー」

というように会話しているとすら感じられるのは大変興味深いです。

最近ダラダラとプレイさせるゲームが多いなか、しっかりとプレイヤーに対し壁を提示し、プレイヤーの上達がその壁を越えると、次につながるというつくりも、よくできています。

騙すアイデアは本当に秀逸なものが多いので、レベルデザイナーの人はぜひ全編見てほしいです。


最近同僚の間でマゾゲーと言われている「Demon's Souls(デモンズソウル)」との比較も近いうちにしたいと思います。


p.s.
ちなみに自分はプレイしていません。だってしたいと思わないんだもの。
って、それじゃ売り上げにつながらないじゃん!!(自分で突っ込んじゃった…)

せっかく優秀なレベルデザインゲームなんだから、著作権のクリアな題材で作って欲しかったなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。