• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闘っている人」

一週間のUP休を無為に過ごしている者です。
実家に帰って、中学時代の友人とは旧交を暖めましたが。

 今日は、「闘っている人」の話。

 ゲームというメディアに対する可能性をホンキで信じて就職した自分ですが、目の前の仕事や憧れていた人の現実の姿を見ていく中で「自分が抱いていたのは夢幻だったのかな」などと思い始めていました。

 ところが、しっかりと闘っている人もいたんです。

 ふとしたことから「飯田和敏さん」のブログ「飯田和敏BGK*BLG すばらだぬしい!」を見ました。
「HOPPER'S vol.2 “SNAKE vs. ZOMBIE”」(http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-148.html#more)でお会いした時以来チェックしてなかったので、約一年一ヶ月ぶり。
 なんでも、「げんしけん」の小説版を書かれていたんだとか。
内容は原作とかなり違うところなどが賛否両論らしいけども(読んでいないのでよく分からないけども)、ブログのコメント欄での読者とのやり取りをみると、飯田さんがゲームと言うメディア/小説というメディアに対して必死にぶつかっている様子が感じ取れました。

 これまた、ふとしたことから見つけたゲーム「勇者死す。」
 「俺の屍を超えていけ」などの桝田さんがゲームデザイン、シナリオを担当した携帯ゲーム。
「魔王と相打ちになったはずの勇者が、神のいたずら?で5日間だけ生き延びられることになった。自分が命を賭して守った大切な人が居たはずだが、その人の記憶はない。衰えていく身体、なくなっていく残り時間。その中で勇者はどう生きるのか。」
というRPGゲーム。
非常に桝田さんらしいゲームで、これを携帯用に開発し、ワンプレイ1、2時間にしたという。
 ここにも桝田さんの闘いを感じずにはいれなかった。

 元気ロケッツの水口さんだって、ゴアさんのイベントを機に大ブレイクとはいかなかったけど、地道に頑張っている(んだとおもう。CMソングとかになってるし)。

 米光さんはゲーム教育として、学生との交わりの中で闘ってる。


 桜井さんのigda講演を聞いて、ますますゲームというものに対する失望が強まっていたけども、まだまだゲームも捨てたもんじゃないぞと。

 空想していたよりも、なんじゅうばいも、なんびゃくばいも大変だけども、やっぱりゲームには頑張る価値があるのかもしれない。
 諦めるのはもうちょっと真正面からブツかってからにしよう。他人のふんどしで相撲をとって勝負を語るのは格好悪いしね。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。