• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人一年生を振り返って

体をかがめると自分の腹が邪魔に感じるという
驚愕の体験をした者です。


今日TV番組「ガイアの夜明け」を見ました。
今日の内容は「2009年の就職活動」。

簡単にまとめると

・2009年は超売り手市場になっている
・採用活動の開始時期はますます早まっており、4月時点で内定を複数持っている学生もいる
・売り手市場の一方、二極化が進み、内定を取れる人は取れるが、取れない人は取れない状況になっている
・中小企業の採用活動は非常に厳しい
・外国人留学生に目をつけている会社もある
・学生同士で自己PR特訓をする集団「ジコピー」などがある

という内容でした。


自分が就職活動をしたのは、既に2年も前ですが、印象としては
そのころと大きく変わらず、売り手市場がさらに加速したのかなぁと
いう感じでした。
聞いたところでは、ウチの会社も既にカナリの数の学生に内定を出したそうですし。


さてさて、やっぱりこういう就職活動話を聞くと、新入社員として
入社したころを思い出すわけで。 当時は、月並みだけど夢と希望と不安の混じった若々しい新社会人でした。
今は、不安とかすかな希望を持ったスレた社会人です。


入社当初から、自分はプログラムで一番になれる人間じゃないと分かってた。
まぁ、ここは予想通りの現実。
周りの同期より一歩後ろ。背中が見える先輩もいるけど、中心的な先輩は
霞んでその姿さえおぼろ。

これだけスゲー職場なら、きっと技術伝達とかもしっかりしてて…
なんて思ってたのは何時の事だか。
何かを教えてもらえる環境なんてどこにもない。
結局、想像していたとおりの現実。最後は自分。

プレゼンテーションの腕前は、よっぽどの奴じゃない限りは
負けない自信はあるけども、それを活用する機会はまるでナシ。
まぁ、これも分かっていたけれども。

どこに出しても自分のモノだと誇れる企画案は、想像以上に難産。
「新しいけど売れそうにはない」「原石は悪くないけど商品にはなってない」
そんなアイデアばかりがコロコロと。
これはちょっと悔しいかな(笑)


まぁ、去年は色々あったけど、良い経験だったかなと。
自分の居る環境が良く見えたし、自分の状況が良く分かった気がします。
さぁ、去年の四月頃の生意気な自分に少しもどって、いっちょやりますかー
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。