• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すんげー充実した週末 2 水口さんとタイマントーク!

 報告書がヤバイぐらい溜まっているのに、ブログを更新している者です。


●HOPPER'S → Q?
 最後に、須田さんからの締めの挨拶があって「HOPPER'S Vol.2」は終了。
 「来年はもっと大きなハコでやる」という主旨の発言があったんですが、個人的には反対です。
あれぐらいのハコじゃないと、薄まったり、正しく伝わらなかったりするんじゃないかと思うからです。
あれぐらいの、手作り感が伝わるイベントがベストなのではないでしょうか。
 終わった時刻は22時前。適当な炭火焼の店に入って、参加メンバーのうち残っていた4人で雑談。 色々話をしました。
 水口さんのイベントが22時からだったんですが、一番濃い話は今日しか出来ないだろうということで、参加メンバーとの感想会を優先。
結局閉店時間の23時まで居ました(笑)



●Heavenly Star 導入
 そのあと慌てて水口さんのイベント「Heavenly Star Party with HOPPER’S supported by Xbox 360"! 」@WOMBへ。
スニーカーに合わせて服を決めたので、かなり爽やかファッションで、恐縮しながら入りました(笑)

 ぶっちゃけクラブ初体験でした(笑)


 メインでは控えめな音楽だけだったので、もう終わっちゃったか?と思いながら、2Fへ。
 2Fにルミネス Live!の傍に、どうもスタッフっぽい人が居たので、聞いてみるとQ?の社員の方でした。
 相変わらずな自己紹介をして、「今回、水口さんがなんか面白い事をされるっていうんで伺ったんです。」という事を伝え、イベントのスケジュールを伺うと、「今、最後のHeavenly Starをやってる」との事。
慌ててメインフロアへ。


●Heavenly Star ライブ
 これだけアーティストと触れあえたと感じたライブは、これまで体験したことがなかった。これだけアーティストに語りかけられたライブは、これまで体験したことがなかった。

 「I can always feel you inside」「I see you, feel you, I’m your creation.」これらのフレーズを見たとき、涙が出そうになった。『そうだよな。お前にもきっと俺達の事が分かるよな』と。
簡単に解説すると、Heavenly Starを歌っているのは、 地球をしらない、宇宙で生まれ育った、30年後の17歳の少女という設定。そんな彼女が地球を想って歌うラブソング。地球、そして現在の地球に住む我々へのラブソングなのです。
 地球を全く知らない彼女、宇宙でしか過ごしたことのない彼女にも、きっとイマの自分達が分かるよね。感じられるよね。そうだよね。と。そう思うと涙がこぼれそうになった。強い共感で。

 またレーザーも秀逸だった。
 映像は、スクリーンやライトの性能からか、単調な映像や図形投影中心になってしまっていて、多少不満も残った。
しかし、レーザーは素晴らしかった。スモークを炊いて、そこにレーザーを照射し、仮想スクリーンを展開していた。
さらに、レーザーをスクリーン側から観客へ降り注がせる事により、アーティストからアプローチされている、触られている感覚が生まれていた。

 これらが、「これだけアーティストと触れ合えたライブはこれまでにない」という感想を持たせたのだろう。

 光というメディアの可能性を初めて知った。


●某プロデューサー
 (水口さんの名前を出しちゃってるので、この方も名前を出しちゃっても良いのかもしれませんが、一応Oさんで(笑))

 ライブが終わり、2Fのスタッフの方に感想を伝えに行きました。「すごい。」「これだけアーティストと触れ合えたライブはこれまでにない」と。

 「先ほどHOPPER'Sのイベントに参加したときに、水口さんが『アクシスが増えるという事を体で学んできた』ということを仰っていたんですが、今回の元気ロケッツが音楽に対して新しい軸を追加したんだと感じた。」「『未来の少女からの音楽』という形が、水口さんが考えた新しい軸なんだなと感じた。」という事をお伝えしました。

 すると、「そこまで言ってもらえると嬉しいですね。上に水口がいるかもしれません。」との事。「あ、せっかくなので名詞を…」と名刺まで頂いちゃいました。
返せる名刺をまだ貰ってないのが本当に悔やまれました…。


●水口さんを探せ!
 と、いうわけで探したんですが、なかなか見つかりませんでした。
 内海さんはすぐに見つかったんですが、さすがに声を掛けて良いものか悩んでしまい、掛けられませんでした…。内海さんにこそ伺いたい質問もあったのに…orz
 そうこうしているうちに、水口さんが目の前を…。
捕まえて、軽く自己紹介し、後で少し時間が欲しいという旨を伝えました。OKはもらえたものの、来るわ来るわ、さすが水口さん、大人気です。外人の人も次々やってきます。
このままじゃ、話せないと思い、VIPルーム(とはいっても仕切りがあるだけで、壁もなく丸見え)の出口で出待ち(笑)
隙を見て話しかけ、多少は静かな部屋の外で少しだけお話させてもらいました。


●水口さんとタイマントーク
 まずはHOPPER'Sに参加していたということ、アクシスが増えたという話やテクノロジーで意識を高いところへ持っていかなければいけないという話に強く共感したという話をしました。
 さらに、「水口さんを初めて知ったのはテレビで、タクシーの運転手に、『何もないところからモノを生み出す職業は、ここではクリエイターって呼ぶんだよ』と言われていたのを見た時だ」というお話をさせていただきました。「懐かしい話だねぇ(笑)」とおっしゃっていました(笑)
 それから、「正直にいいますと、水口さんはもっと感性だけの人だと思っていたんですが、今日のイベントで非常に論理的にお話をされていて、完成と論理の両方を持った人なんだと感じました。ずるい人だなぁと感じました(笑)」ともお伝えしました。

 そして、「ゲームを使って、日本の音楽を海外に出していきたい」というコンセプトに強く共感したこと、元気ロケッツライブの感想を伝えました。
そして、自分はこんなことをやりたいと考えていて、その一つの方法を先にやられてしまったと感じているとも。
 すると
「いやー。そう言って貰えると嬉しいねぇ。」
と水口さんから握手を求めてくださりました。
「僕らも若い人が出てくるのを期待してるんですよ。」
と。


 そして、なぜ今回のように“ゲームで音楽を…”という事をやろうと思ったのかと聞いてみました。
自分と同じように、やっぱり業界に対する不満ですか?と。すると

「いや、不満じゃないね。」
「昔Pongっていうゲームをやってたんですよ。やりながらビートルズを聴いたんですよね。その時、何とも言えない気持ちを感じたんです。音楽ってすげーなと思ったんですよね。」
「音楽が好きなんですよね。まだ、何かを取り込んで、出してるだけですけどね。」
「ゲームも音楽もグローバルだから、相性が良かったんですよね。」

と、答えていただきました。
後から気づいたんですが、GO3で水口さんが語られた内容と同じ内容だったようですね;

「大きな会社では、どうしてもシガラミがあった。だからセガをやめた。」

というお話も。というか、ここらへんまで全部GO3をなぞっちゃってるんですよね…。もったいないことをしちゃいました(つA`)

「とはいっても、やっぱり小島さんとかに比べたら、まだまだだからねぇ…。」

という発言もあったのですが、それには「方向性が違うから仕方ない。人数で評価すべき所ではない。」という事をお伝えしました。

 最後に、

「あなたせっかくそこまで言ってくれてるので、ここだけの話で、まだほとんど周りに言っていないんですが…」

と、極秘(?)情報を教えていただきました。
 中身はマジすげー事で、思わず

「おめでとうございます!これで~~~====~~~かもしれないですね。」

とこちらから握手を求めてしまいました。
 それほどの事だったんですが、個人的には

「良い子だから、この飴ちゃん持って帰りなさい。」

と言われているのかなとも感じたりしました(苦笑)
自分は何もそんな秘密情報が欲しいわけじゃなく、直接でしか聞けないような有意義な話や、自分のことを相手に売り込む事だけが目的だったので…。そういう意味で非常に複雑な心境でした(笑)

 あまりに複雑な心境だったので、思わず

「せっかくこうしてお話できたのに…なんとかならないですかね?」

とか言っちゃいました;さらに

「名刺とかお持ちじゃないですか?」

とまで…。今考えるとこれは墓穴だったかも;;;
これじゃ、ミーハーなファンと変わらないと思われても仕方ないので…。
しかも、今は名刺がないと断られてしまいましたし。(本当になかったんだと信じていますが(笑))
複雑な顔をしていると、

「またどこかで会う機会もありますよ。」

と仰っていただけました。
 が、これは

「またどこかで会う機会もありますよ。」
(「あなたがホンモノならね。」)

という事なんだろうなぁ。と冷静に分析したりしてました。
最後に、

「○○まで△△やって、また□□やりますよ。」
「水口日記とか、たまにですけど更新してますので、そちらを見てみてください。」

といわれました。
 まぁ、この台詞からしても、まだまだ蚊帳の外って感じですね…。当たり前っちゃー当たり前なわけですが、悔しいですね…。


 惜しむらくは、行った時間が遅いこともあり、結構水口さんが酔っ払っていたという事でしょうか(苦笑)
呂律が回らなくなるちょっと手前というぐらいに、酔っ払われていたようです(つA`)

 それと、アートの次はプログラムだという話に対して、自分の持論「真理だから」という話をし忘れたのが悔やまれます(苦笑)


 あと、私が伺った極秘情報ですが、マジ凄いと思いますよ。ほんとに凄い。何も言えないけど本当に凄いです。もうなんというか、爆発です。
こちらから、さらにもう一度握手を求めることができる結果になってくれれば良いのですが…。あまりに凄すぎるが故の問題もあると思います。
その点についても進言しましたが…。
「今、その辺りも頑張っているところです。」とのお話でした。


 そんなこんなで、タイマントークタイム終了。


●Oさんとの会話
 Oさんに、水口さんとお話できたという報告とお礼を言いにいきました。
そして、イロイロOさんにも話を伺いました。
なんでもOさんは某社からQ?に入られたんだそうな。担当を伺うと納得という感じです。
成功するかどうかはOさんのセンスにかかっているんじゃないかと言うぐらい、重要な役割を担当されている方でした。

 そんなOさんから

「いやー新卒で○○ですか…。凄いなぁ。」
「プログラマーなんですよね?プログラマーなのに凄いですね。デザイナーとかの話が分かるプログラマーになりそうですね。」

などと、おだてられながらイロイロお話をしました。
 結局、ほとんど踊らないまま、座ったり、ルミネスしたり、会場を眺めたり、外人と一緒に英語でカタコトトークしながらルミネスで遊んだり、朝5時まで過ごしました。
 5時ごろに、突然Heavenly Starがかかったので、慌てて下にいって、最後は踊りました。
とはいえ、素人が適当に体揺らしてるぐらいのモンだけど(笑)

 終わって、さすがにOさんはもう居ないだろうなぁと思いながら、最後の挨拶をしにOさんを探しに上に行くと、筐体の電源を落としているOさんに遭遇。
最後の最後までいらっしゃったようです…。本当にお疲れ様でした。


 最後に挨拶をして、朝の渋谷に繰り出しました。
もちろん、駅へ直行したわけですが。
 HOPPER'Sがドリンク代あわせて3000円。ふいんき語りが1600円。Heavenly Starが2000円。ドリンク代が1100円と計7700円とカナリな出費でしたが、十二分におつりがくるほどの経験にはなったと思います。



●「元気ロケッツ」について
【公式サイト ニュースリリース 2007.3.27
 『「Heavenly Star Party with HOPPER’S supported by Xbox 360"! 」開催決定!同日の別イベントとのクロスオーガナイズが実現!』
 のpdfファイルから引用】

ニューヨーク同時多発テロからちょうど5 年目の2006 年9 月11 日、1 本のミュージックビデオが、インターネット上に流れた。デビュー作となる「Heavenly Star」のミュージックビデオは全世界のインターネットに打ち上げられ、米国1up.com では、閲覧開始わずか数時間で10 万を超えるアクセスを記録。その後、Youtube.comやMyspace.com でも少しずつ話題となり、米国SpikeTV 主催の「VIDEO GAME AWARDS 2006」Best Song
部門にノミネートされるなど、欧米での注目が上がった。元気ロケッツの正体とは、“宇宙で生まれ育った30年後の17 歳”のLumi を中心とした「音&映像」が一体化した音楽ユニットとしか明かされていない。多種多様なアーティストとのコラボレーションによって進んでいるハイブリッドなプロジェクトとのこと。12 月13 日からは、iTunes Store で「Heavenly Star」が日米同時に配信がスタートし、12 月18 日には六本木ヒルズ52 階にあるマドラウンジにて世界最初の「Heavenly Star」PARTY が開催された。東京の夜景をバックに5 人のDJたちがさまざまHeavenly Star Remix をBack to Back でプレイした。また欧米で2006 年11 月に発売された「ルミネスⅡ」(PSP)に参加。日本国内でも2007 年2 月15 日に発売されている。2 月16 日に発売されたアナログ盤「Heavenly Star」は発売一週間でセールスランキング1 位を獲得、勢いは止まらない!!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。