• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wiiが我が家にやってきた! 【その1 起動編】



 こういうネタは新鮮が一番だろうということで、
遊びたい気持ちを抑えて書いてみます(苦笑)
 本日記では、できるだけあんまり他で見かけない画像をアップしたいと
考えています。

●写真0 店の前には行列が…ない
店の前


 予約のみの販売とはいえ、行列かなとおもいつつ、開店の10分前に
到着。まったく行列などなく閑散。
開店5分前ぐらいに店内で待たせてもらえたのですが、そこでも20人
ぐらい。それもおじいちゃん、おばあちゃんが多くWii目当てでは
なさそう。
 大阪ヨドバシカメラでエレベータを利用した時、利用客が各階で
降りるので、結局エスカレータで登ったほうが早かったという経験
があった。
今回はその経験を活かして、エスカレータで登ることにしていた。
 ところが、開店3分前ぐらい店員が「上へ上がられる方はどうぞ~」と
エレベータ案内を開始。って「うぉい!」
「各フロアの前で待たせてくれるのかよ~さすが百貨店。」と
思いながらあわててエレベータに乗り込む。
「しばらくお待ちください。」
って、店員さん扉閉めてくれねえええええ!
『エレベータの中でお待ちください^^』
という事だったらしい。

 結局、エレベータの中で開店時間を迎えて無事上へ。
ラッキーな事に目的の階までに1回しか止まらなかった。

 はやる気持ちを抑えて早足で売り場へ。
「チッ既に一人いやがるぜ」と思いながら2番で到着。
 店員は8人体制で、カウンターの中に6人ぐらい居た。
各ソフトは番号が割り振られていて、番号で商品が分かるように
準備されていた様子。なかなかやるなぁ。
自分の注文は本体だけだったので、その人より会計が早く終わる。
「ヘヘヘ」とか思ったのはナイショ。
 後ろを振り返るといつの間にか人が増えていて20人ぐらいに
なっていた。

 意外とWiiも重い事に驚く。
PS3が重い重い言われてたので、Wiiは軽いんだろうなと勝手に想像
していたからだろうが。
紙袋が2重になっていて、さすが百貨店と思った。

 帰りの電車の中。
各駅停車が恨めしい。「箱あけて説明書だけでも見てやろうか」などと
思うものの、大げさになりそうなので諦める。
 任天堂DSを熱心にプレイしている子供を発見し「これが噂のWiiだぜ」と
言いたいなんて思ってませんよ。全然。


 最寄のゲーム屋で予約していたソフト

・ゼルダの伝説
・はじめてのWii
・クラコン&5000P

を受け取る。


 自宅に帰って真っ先にしたこと。
…それはお茶をいれること。
なぜか喉が渇いたので、お茶とコーヒーをいれました(笑)


 そしていよいよ開封。


●写真1 Wiiの内箱はなんと2段重ねでした!
内箱2段


 なんと内箱が2段重ねになっているという驚きの収納方法。
もっとなんか発泡スチロールのケースに入っているかと思っていた
んですが、ダンボール製の箱+ナイロンの袋という感じでした。
激しい振動を伴う輸送はちょっと心配かも。


●写真2 Wiiの中身はこんな感じ
Wiiの中身


 電池はパナソニック製の普通の単三電池。
やっぱり任天堂は松下なんでしょうか。


●写真3 Wiiの中身はこんな感じ 2
Wiiの中身2


 真ん中の黒い物体がPS2用メモリーカードです。
タバコは吸わないので、大きさの比較に。
左端の細長い物体がリモコンのセンサー、センサーバーです。


●写真4 電源の袋ながっ!
電源袋長い


 電源ケーブルはPS2と違い、アダプター部分が取り外せない様子。
その影響か、袋までかなり長くなっております。


●写真5 ヌンチャクにもストラップを利用できる仕掛けが!
ヌンチャク側面とフック

(画像をクリックすると大きくなります)

 ヌンチャクにまでストラップを利用できる仕組みになっている
とはさすがです。
 側面のボタンは丸いボタンもあった事に驚き。
 Wiiリモコン、ヌンチャクとも軽いです。ヌンチャクに至っては
オモチャみたい。
Wiiリモコンは体験会より軽いなぁと思ったら、電池が入っていなかった
からでした。電池が入るとしっくりくる程度の重さになりました。


●写真6 リモコンの裏側はこんな感じ
リモコンの裏側


 ストラップはリモコン下部にこんな感じでついてます。
下の黒い部分はヌンチャク接続部。
赤いボタンは本体と無線で認識させるための設定ボタンです。


●写真7 Wiiは眠らない
Wiiは眠らない


 電源ケーブルを接続するだけで、電源ランプが赤く灯りました。
まぁ、無線LAN環境のない我が家のWiiはグゥグゥ眠るわけですが。

●写真3 Wiiのある生活@我が家
Wiiのある生活@我が家


 これが我が家でのWiiのスタイルになりそうです。
テレビは後ろに行くに従って下がっているので、本体はかなり
不安定な位置にあるんですが(苦笑)
 あとセンサーバーですが、意地悪して梱包を解かずに使ってみました。
しかし、別に普通に認識するようす。
埃対策にはこのままでもいいかもしれません。
(発熱の度合いによっては解いたほうがいいでしょうが)



○●驚いた事●○

・意外とWiiは重かった
・PS3が重い重い言われてたので、Wiiは軽いだろうと思ってたので
・内箱は2段重ねになっていた
・白いのでちょっとした埃が直ぐついて目立つ(笑)
・説明書は「説明書なの?」って思うほど絵が多い
・リモコンも意外と軽い。電池が入ると普通。
・ヌンチャクがオモチャみたいに軽い!
・センサーバーの線長すぎ!
・電源ケーブルが入っている袋長すぎ!
・設定が終わるとイキナリWiiチャンネルの画面になった!!
・WiiチャンネルのBGMがバリ島っぽい(笑)
・バリ島の音楽を静かで神聖にした感じ

・長時間放置してるとWiiチャンネルが省エネモードに(画面が暗く)なった!



○●はじめてWiiを起動●○

(1)本体の電源ボタンを押す
(2)画面にリモコンの絵がでてAボタンを押してください
(3)センサーバーはテレビの上か下か、今日は何年何月何日か、
  テレビはワイドかどうかなどを聞かれる
(4)Wii本体のニックネームを決めてくださいと言われて
  ニックネームを入力する
(5)ペアレンタルコントロールを使用するか聞かれる
(6)Wiiチャンネルの画面になる

※(5)は親が子供に特定のゲームをプレイさせないようにする機能
 「年齢制限のあるゲームは動かないようにする」など


とりあえず第一報はここまで。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。