• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふしぎなはなし



透明な物質を初めて生み出した人にノーベル賞をあげたい者です。


時の流れには、なんびとたりとも抗うことはできない。
時という濁流は、生命をもつ全てのものを押し流し、そこに留まることを許さない。

今、この瞬間文字を打っていても時間は過ぎていく。
今、この瞬間文字を打たなくても時間は過ぎていく。
どんな行動をしようと、時間の流れから逃れることはできない。



私が会社へ向かうとする。会社まで電車を乗り継いで40分。
40分後の私は、会社で仕事をしているはずだ。


ここで、見方を変えてみる。
「40分後の私」を考えれば、会社で仕事をしており、それは当たり前だ。
では、「会社にいる私」という基準で考えればどうか。


今、この瞬間、会社に向かっている私は、ココにいる。
会社までは40分かかる。瞬間移動はできない。
すなわち、会社にいる私は、常に今より40分未来の私になる。

ココの私は今の瞬間の私だが、会社の私は常に40分未来の私なのだ。
こうかんがえると何か不思議な気持ちがしてくるのは私だけだろうか。


もっとスケールの大きな話で考えたほうが、わかりやすいかもしれない。

土星探査船の話がある。
地球から土星まで行くには、現在は“7年”かかるそうだ。
土星を調査する船を打ち上げても、調査を開始するまでに7年かかる。

地球で最先端の技術が開発される。それを土星探査に応用したいと思う。
しかし、それが実践で使われるのは常に7年後なのだ。
土星で最先端の技術を使うことは、絶対にできない。
土星探査は常に、地球より7年遅れた技術でしか行うことができないのだ。


普段私たちは、様々なことを時間軸で考えている。
それらを「座標軸で考えてみる」というのが、今回のお話。
スポンサーサイト

【ムカツク作家】シリーズ その1  乙一@GOTH



研修から帰ってきたら、家族全員が風邪とインフルエンザで倒れていた者です。
ばっちり風邪をもらって、今も熱が37.5℃あります。


乙一は悔しいけれど天才だ。
ミーハーな自分は、ミステリー小説なんてほとんど読んだ事がないから、そんな自分がする「天才だ」という評価など全く意味を持たないのだろうけど、それでも天才だと評価したい。

 ”文字”というものは非常にあいまいなメディアだ。
文字は様々な情報を伝えるが、受け手の感性や経験によって千差万別に伝わる。多くの情報を伝えるが、大部分は正確ではなく、誤魔化されてあいまいに伝わっている。

 乙一はこの特徴を最大限に生かした作品を作る。
 乙一のよく使う手法に「実はそっちじゃなく、こっちの話でした。」という読み手を騙す手法がある。読み手の勘違いを誘い、そっちだと思って読み進めていると、最後に「実はこれまで書いていたのはこっちの事でした。」とネタバレされるのだ。
 この仕掛けがもし、文字でなく、映像化された作品で使われたのであれば、非常に陳腐なモノになるだろう。例えば顔を映したシーンを考えれば、犯人の顔が映る以上、上のトリックは使えない。”男性と見せかけて女性だった”という設定の場合、服装が映ってしまえばその瞬間に判明してしまう。
 ところが、文字であれば、読み手は勝手に勘違いした想像をしてくれる。本当は違う人なのに、犯人としてその人の顔を細部までリアルに想像してくれる。本当は女性の格好をしている登場人物なのに、読者は勘違いして男性の服装をした男性が、男性らしい振る舞いで行動する様を想像してくれる。
これが最高の「だまされる快感」を生み出す。
 映像化すれば容易にバレてしまうトリック、言い換えれば文字だからこそ実現できるトリックを、文字というメディアを使って最大限に生かした作品を作るのが乙一なのだ。

 乙一とは、文字の特徴を最大限に生かす「文字の魔術師」なのだと思う。

 今回読んだ『GOTH』をはじめ、乙一作品は猟奇的なシーンを描いたものも多々ある。
 実際、猟奇的なシーンの描写は、乙一作品の魅力である独特の雰囲気を生み出す為に重要な役割を担っている。
これは同時に、そういった類の作品が受け入れられない人にはオススメできない理由になってしまっている。
 しかし、「猟奇的な表現が多いから」と拒絶してしまうには、勿体無いほどの魅力が乙一作品にはあふれている。
文字というメディアの可能性を感じる事、そして乙一という人間の才能を感じる事の前では、猟奇的なシーンの表現など些細なモノに感じられる。

 心地よい謎に導かれ、先へ先へと読み進めると、大きな仕掛けでひっくり返される。『GOTH』は非常に良いバランスで書かれた作品だと思う。


 自分は、自分にないモノを持っている人を見ると悔しい、ムカツクという感情を覚える。乙一は間違いなくムカツク対象の一人だ。
--------------------------------------------------------
 書名 :GOTH リストカット事件
 著者 :乙一(おついち)
 出版社:角川書店

【アニメ雑感 #01】エウレカセブン#01-#02 ~エウレカセブンの目指すもの~



 ノートパソコンからトラックがバックする時の音が聞こえてきた者です。

 自分はアニメ大好きってタイプじゃないんですけど、薦められたので、これまた「研究研究~♪」と今更ながらエウレカセブンを見てみる。
ざ~っと一話と二話を見ただけだけど、感想なんかを。
ネタバレしまくりなんで、その点ご了承をば。


●感想
 (1)色々なモノと色々なモノの化学反応を狙ったアニメか
 (2)エヴァへの挑戦
 (3)独特な用語による独特な世界観の表現
 (4)盛りだくさんな化学反応エンターテインメント
 (5)全てを説明しないで、謎を残す手法
 (6)主人公も全てを知らない≧視聴者

 (1)化学反応一覧表 (反応式表現方法(c)Tommy3)

   ロボット×波乗り
   アニメ×哲学
   最悪な日常×最高の英雄
   Boy×Girl
   少年×夢
   独特な世界観×謎


 (2)エヴァを敢えて(?)意識した演出
  哲学的台詞 (「ねだるな。勝ち取れ。さすれば与えられん。」)
  極限状態の真っ赤なコックピットでの演出
  力を解放したFLOが敵を曲に乗って倒す演出


 (?)番外編
  最後に姉さんに報告するように語るレントン = 一休さん



●個人的に好きだった演出
 ・「誰の言葉だか知ってるか?学がねぇなぁ…」「俺の言葉だよ。」

 ・(ベタだけど)ガチンと機械がぶつかる瞬間にシーンを切り替える演出

 ・「心配すんなよ。俺がたんまり稼いで老人ホームへ入れてやるからよ!」

 ・「ねだるな。勝ち取れ。さすれば与えられん。」

 ・カットバックドロップターンができて、吹っ飛ばされて、エウレカに拾われて、そのままエウレカに大告白。

 ・ホランドとの言い合いの途中で、濡れるじいちゃんの包帯と腕。

 ・「これはワシらを破滅へと導く光だ。しかしなんと美しい…。」

 ・「ねぇ。一緒に行こう。」「だって、君じゃないとダメみたいなの。」



●ひっかかったポイント
 1話でのエウレカの「信じることが出来ない」というフレーズがキーであるにも拘らず、かける時間が短すぎる。
これが、2話でレントンが「エウレカを助けたいという気持ちを信じて奇跡を起こす」という話に繋がるが、別の話数にまたがるネタならば、もっと印象付ける為に時間をかけるべき。

 死んだと勘違いした発掘屋に、じいちゃんが最初にかける台詞が気持ち良くない。
×(実際)「おい。発掘屋。(以下普通に会話)」
○(理想)「勝手に殺すな、発掘屋。」の方がすっきりする。



●エウレカセブン@ゲームの良いトコロ
 ・ゲーム化ありきのアニメだった
 ・シリーズ構成に専門家(佐藤大氏)をおいている
 ・アニメを深化させる
 ・アニメ設定の前の話×アニメの後で発売
 ・アニメと違うストーリー×アニメと同じテーマ(Boy×Girl)


●総評
 全体を通して、自分にはないカッコイイセンスで作られていて、凄く良いと思う。
ガンダムやエヴァを超えないと…というジレンマが見え隠れするのも面白い。
まだまだ1話2話しかみてないので、全体を評価するのは難しいけれど、ナカナカ良いんじゃないでしょうか。
色々と参考になりそうな演出が転がってそうだと感じました。

【セルフプロデューシング能力】

ジャルジャルに注目していると書いたら、その翌日のゴールデンタイム(?)に出演していて、なんか悔しい気持ちになった者です。



 私、ねこききが提案するのは【セルフプロデューシング能力】を持とうよ。大事だよ。という事。
 個人が成功する為にも、企業が成功する為にも、セルフプロデューシング能力が重要だと考えています。
 スクエニの制作&広告戦略にも、SCEのプレステのCMにも素晴らしいプロデュースのテクニックが隠れています。一方、私の会社は…。
 そんな【セルフプロデューシング能力】について語ってみました。




□■
□■ ダイジェスト
□■

●セルフプロデューシング能力(the ability of self producing)とは
 【セルフプロデューシング能力】とは、要するに【自分をどうすれば良く見せる事ができるかを考える能力】だということです。

●スクエニの手法にみるプロデュース手法
 【イヴァリースアライアンス】【ファブラ・ノヴァ・クリスタリス】などといった系統化は、「続編嫌い」の最近の風潮を避ける、正解に限りなく近い逃げ方です。

●プレステ@ソニーのCMにみるプロデュース手法
 PSのロゴと同時に「ポンっ」という音を鳴らす。それもCMの冒頭でやる。この仕掛けを考えた人は、本当に天才だと思うのです。

●うちの会社は…?
 正直ド下手です。だからこそチャンスとも言えます。


●総括
 個人も企業も、なんでもかんでも、セルフプロデューシング能力が必要だと、私は思うのです。
こんなことを偉そうに書いている私自身が成功するかどうか、口だけで終わるかどうかこそ、私自身にセルフプロデューシング能力があるかどうかを証明する唯一の手段になるんでしょうね。

more»

【ムカツク有名人】その1 神山健治 対話がアニメを作り出す~ 監督 神山健治 ~ @NHKにんげんドキュメント

最近、ジャルジャルというお笑い芸人に注目している者です。
シュール系なので、万人受けは絶対しないとは思うんですが…。
ラーメンズみたいなタイプかも。


■NHK にんげんドキュメント 神山健治監督の現場ルポ
 番組は、神山監督の制作現場に1年2ヶ月にわたって密着。
 脚本家たちと山にこもり徹夜で議論する「脚本合宿」や、毎回10時間以上も続く「脚本会議」の中で物語が生まれる瞬間に立ち会い、日本アニメ界の気鋭・神山健治監督の魅力に迫る。


を弟が(途中からダケド)録画してくれていたので、録画してくれていた途中部分からのまとめ…というより、ココまで書くと書き起こし?(笑)


□■
□■ ハイライト
□■

 世界的に有名なアニメ監督、押井守。その押井に「つぶしておけばよかった」と言わせたアニメ監督が「神山健治」だ。
 “対話によるストーリー制作”、それが神山の特徴的な手法。大勢で揉み直す事が良いストーリーを生むのだという。
 「要は、○○なんじゃないですかね?」「こういう事なんじゃない?」神山の指摘・提案は非常に鋭い。周りのスタッフ、すなわちプロの人間でさえ、彼の指摘にはヤラレタという顔をしてしまう。
本番組は、神山監督のセンス、説得力、カリスマ性…すなわち、神山監督の魅力が非常に良く分かる番組だった。
 本日記は、そんな番組のレポートある。
--------------------------------------------------------




□■
□■ ダイジェスト
□■

●押井守と神山監督
スタッフ「押井塾時代の神山監督はどんな人でしたか?」
  押井「学級委員長って感じだった。一番まじめで宿題忘れない。」
スタッフ「今の神山監督についてどう思いますか?」
  押井「こんなに売れるとは思わなかった。もっと早い時期につぶしておけばよかった。」
  神山「光栄です。」
--------------------------------------------------------
 二人のやり取りを見ていると涙が出そうになった。
悔しさから来ているのか、うらやましさから来ているのか、よく分からないが、とりあえず泣きそうになった。



●脚本作り ~複数人での議論でたどり着く真実~
(複数人で脚本(ストーリー展開)について議論をしている)
神山  「要は、『ありがとう、バルサ』なんじゃないですかね?」 」
(聴いた瞬間に、「ヤラレタ」「ああ、そうだ~」という顔をする周りの脚本家。)
神山  「このマスで一番やらないといけないのは。」
脚本家 「ああそうだ…。」
(脚本家はお互い顔を見合わせる。)
神山  「『ありがとう。助けてくれてありがとう。』っていう言葉がね、自然に出ればこのお話は勝ちだなって思ってるのね。そこに行きたい。」
(やられたという感じでニヤリと笑いながら、うんうん。とうなずく脚本家。)
脚本家 「なぁるほど。うん。」
--------------------------------------------------------
 神山が何かを発言するたびに、周りの脚本家達全員が「やられた」という顔になる。それもあまりに完璧なので、笑いすら浮かぶほどだ。
そんな様子を見ていると「本当にこんな人と仕事がしてみたい」と強く思った。こんな神山監督と一緒に仕事ができる人達を本当に羨ましいと思った。



●脚本作り ~複数人での議論でたどり着く真実~ その2
(シナリオ中のキャラの心情について述べる神山)
神山  「『出てった方が、良いのではないか?』みたいな事を、思ってしまった。で、こっちからすれば、『思わせて悪かったね』と。『そんな事は思ってないんだよ。』と。チャグムを安心させたら、チャグムが心からそれに、『ありがとう』を言う。という話なんだよね。やっぱり。」
--------------------------------------------------------
 “やっぱり”という発言は、登場人物や設定が物語を作っているという意識から来ているのではないか。
人間は、自分が想像していた事が正しかった時に「やっぱり」という言葉を使う。「やっぱりそうだったか。」「やっぱり思っていた通りだ。」などだ。これは、自分が想像していた事が“正しかった時”に使われる。つまり、真実にたどり着いた時に使われる言葉なのだ。
 これを物語のストーリーを考えている時に当てはめれば、探していたストーリーが、真実と一致したときに使われる事になる。
つまり、物語には最初からストーリーが存在しており、打ち合わせをしていく中で、その真実のストーリーに一致したと感じているのではないかと思うのだ。



●『他人の為に懸命に頑張ること』 ~神山の仕事と精霊の守り人の共通テーマ~
神山  「よくスポーツ選手の話をするんだけど、自分のために最初はやってるんですよ。スポーツ選手にしても、剣豪にしてもね。自分のために剣の道を究めるっていうことをやり続けてるんだと思うんですよ。で、おそらく、その道を究めんとしていた…。ジグロは…。だけれども、ある時期から、自分のためだけでは、そのモチベーションが続かなくなることを知ったんだと思うんですよ。ジグロは。だからそれは、人のために振るうことでモチベーションが続くのだということを知ったの。絶対。だから、全てはそれは、他者の為、自分の為だけではない、っていうところに帰結していくんだと思う。この話は。」

(中略)

神山  「うーん…。ここがね…。この物語の結構肝になるところだと思うなぁ。自分でもたぶん一番やりたいところはココのような気がするんだよね…。」
(中空を真剣なまなざしで見つめる神山)
(真剣な顔でうなずく脚本家達)
--------------------------------------------------------
 何かを追求している人と言われると自分はすぐにイチローを思い出す。
「何かを究めようとする時、自分の為だけでは限界が来る」これが、今回の神山監督の思想だ。
しかし、自分は、それについてはまだ疑問を持っている。「多くの人は、何かを究めようとしても、自分の為だけでは限界が来る。しかし、一部の人は本当に自分の為だけに、もっと言うならば『究めるという行為の為に究めることができるのではないか』」というのが自分の現在の考え方だ。今後人生を歩んでいくうちに変わってくるかもしれないが。
 また、どーでも良い事かもしれないが、「他人の為にしか頑張れない」という事の代表は、部屋の片付けだと私は思っている(笑)

 複数人のスタッフと対話を重ねながら脚本を製作するというのは非常に面白いと感じた。
神山の言葉「やっぱり、一人の人間でね、だけが根をつめて書いてても、獲得できない、大勢でやっぱりそれを、もう一回揉み直すっていう事の良さっていうのは、やっぱりそこにあるなと、いうふうには思いますね。」というのは本当にその通りだと思う。
ゲームのシナリオや設定の打ち合わせもきっとこのように行われているのだろなと想像した。
神山監督のような魅力的な人とこういった仕事をしたいと強く感じた。



●まだいける!まだいける!!
アニメ監督、神山健治40歳。対話を重ね、物語に命を吹き込む日々が続く。
--------------------------------------------------------
 神山監督が40歳と聞いて、救われた気がした。
神山監督は見た目が若い。攻殻機動隊のアニメの頃に比べると髪の毛が薄くなった感じはあるが、まだまだ30台に見える。
最初は32、3歳かと思った。こんな32、3歳にはマジで敵わないなと思った。
しかし、40歳ならまだなんとかなるかもしれない。そんな意味で救われた気がした。
 単なる尊敬だけで終わらせたくない、そういう意味で神山監督も、ムカツク有名人だ。




□■
■□ 参考URL
□■

●精霊の守り人 公式サイト
 http://www.moribito.com/

●押井塾@BLOOD THE LAST VAMPIRE
 http://www.sonymusic.co.jp/Animation/blood/teamoshii/

●★究極映像研究所★
 このサイトから上の押井塾についての記事を知りました。
ありがとうございます。
 http://bp.cocolog-nifty.com/bp/2007/01/_kamiyama_2968.html

--------------------------------------------------------

more»

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。