スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプコンの秘密見つけた!

【情報元】
電撃オンライン
電撃クリエイタートーク Vol.4
●クローバースタジオ 稲葉氏が語るこだわりのゲーム作り(2/3)
http://www.dengekionline.com/c-navi/event/talk04_02.html


>神谷英樹がディレクターですが、彼は『バイオ2』でデビューして国内で
>二百何十万本って売って、そのあと『デビル メイ クライ』で世界
>二百万本売って、押しも押されもせぬビッグディレクターなわけですよね。
>でも、もう一皮二皮剥けてほしいという時期だったんです。

 (中略)

>最初に「いや、これは人を育てるプロジェクトだから」ってだいぶ我慢
>しました。結果的に神谷は一皮も二皮も剥けたし、タイトルとしても
>立ち上がったし一石二鳥だったっていう……まぁこれは完全に結果論
>ですね。だから僕としては前者のディレクターが育ったっていう点で、
>このプロジェクトはOK。ちなみに『逆裁』も同じですね。巧舟も
>『ディノクライシス』っていうディレクターをやっていましたが、
>やっぱり一皮も二皮も剥けてほしかった。それで「自分の得意な
>ジャンルを、好きなことをやっていい」って言ったら、彼は
>「推理ものをやりたい」と言って、始めたプロジェクトです。

--------------------------------------------------------
 プロデューサーが「これは人を育てるプロジェクトだから」という
視点でプロジェクトを動かしたり、ディレクターに対して「一皮も二皮も
剥けてほしい」という視点でプロジェクトを動かしているからこそ、
あのような個性的で新しいゲームが生まれてくるのかもしれませんね。
 ゲームの制作費が高騰し、”人を育てるため”という目標だけのために
失敗できない状況に、ゲーム業界はなりつつあります。そんな中でも

more»

スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。