スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームを文化にしたい! 『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人@HIDECHAN! ラジオ 2

HIDECHAN! ラジオ 第102回 (06.08.29)のレポートです。
http://www.blog.konami.jp/gs/hideoblog/2006/08/29/index.html


 今回のHIDECHAN's Cafeのゲストは上田文人さん その2。
ICOやワンダと巨像など独特なゲームを生み出されている
ゲームデザイナーです。


<「ワンダと巨像」と小島監督の新作が似てる!?>(3′41″付近)
(小島)
「ワンダ(と巨像)の発想って最初どんな感じなんですか?」
「こんなゲーム、とか。」
(上田)
「これはたぶん今初めて(言うん)だと思うんですけど、でも本当に
 こないだ言ったように…」
(小島)
「あぁ、はいはい。」
(上田)
「メタルギア…2の甲板の上でレイが出てきて、建物の間にスネークが
 隠れてみる、みたいな…シーンを見て、『あ、すごいな』と。
 『この絵すごいな』と。『これで登れたら凄いんじゃないかな』と。」
(小島)
「それを僕は思わないんですよ、そこは(笑)」
(上田)
「僕ならっていうことですね。僕だったら下からどうこうやるよりも
 弱点の所まで登っていってそこを攻撃する…な。っていう。」
(小島)
「まぁ、それが最初にあって…ワンダ…」
(上田)
「まぁ、それだけじゃないですけど。やっぱりゲームデザインとして
 何か新しいものを、コレまでに無いものを、って色々考えた時に…
 『あ、これなかった』っていう。」
「それでいくとまぁ、難しいから無かったっていうのもあるんでしょう
 けどね(笑) 実現するのが難しいから…」
(小島)
「僕ね、これ…ラジオで初かな?言ってまおうかな…どうしよっかな。」
「…ワンダはやってないんですよ。なぜやってないかというと10年前から
 ずっとやろうとしてるゲームがあるんですけど…『メタル終わったら
 やるやる』言うてる。それに…ある部分が似てるんかなぁ…。」
「似てるか同じ意思なのか、ちょっと…。」

more»

スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。