• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田英寿 独占インタビュー!

 以下のURLで中田のインタビューが独占配信されています。
インターネット独占配信ということで中田ファンは要チェックです!
 専用のソフトウェアをインストールしないと見れないバージョンと
そうでなくても見れるバージョンがありますが、どちらもインタビューの
内容は同じなので、インタビューだけの為ならインストールは不要かと
思います。
 こちらは編集の仕方が一部分を丸ごと抜き出した形なので
ヒデの想いがより一層伝わる内容になっています。
 またこのインタビューは一部分だけで、ノーカット版(?)は

   7月15日(土) 夜7時 テレビ朝日系にて
   中田英寿 引退特別番組

で放送されるとの事です。

more»

スポンサーサイト

中田英寿 現役引退 その3

 
 世の中は決勝でのジダン退場劇が話題になっているようですね。
 退場した選手がMVPに選ばれたというのもすごい話だと思います。
ただ、私としては中田の方が気になるので中田話題で語りたいと
思います。
 
 TV番組「2006FIFAワールドカップ総集編感動フィナーレSP!!」の中で
「中田英寿がW杯終了後初めて語る引退の真実日本代表の未来へ
提言サポーターへ涙の激白」というコーナーがあり、そこに中田の
独占(らしい?)インタビューが放送されていたので、可能な限り
書き起こしてみました。
ビデオがないので生の放送を書き起こしたので、誤りなどもある
かもしれませんが、興味のある方はご覧ください。
 中田の複数のインタビューが番組用に編集されていたので、ここでは
それらを時系列に並べなおしてみました。

more»

次世代機対談@ゲーマガ と 私の意見

 前回の内容は、Web上の反応に対する私の想いを書き
色々と批判的な事ばかり書いていました。
 しかし、批判するだけして、自分は行動しないというのは
卑怯だろうということで、自分なりの感想もきちんと
書いてみたいとおもいます。

 下記内容は雑誌「ゲーマガ 2006年8月号」「特別企画 
プレイステーション3を盛り上げる天才クリエイターがゲーマガで
夢の顔合わせ!」
に対する私の感想です。
公式サイトはこちら(http://gemaga.sbcr.jp)
 有料の雑誌からの引用ですので、できるかぎり引用は控え
大部分は私なりの”まとめ”にしました。どうしても引用で
なければならない部分のみ引用させていただきました。

  小島×新川×野村対談!ゲーマガ8月号

more»

次世代機対談@ゲーマガ と Web上の反応

 雑誌”ゲーマガ”に掲載された”次世代ゲーム機を話題にした対談”
についての話題が盛り上がっているようです。
下記のサイトに影響され、自分も興味をもったので
自分なりの考えや感想を書いてみます(便乗)
 この記事の為にゲーマガを買ってきました(笑)
ここではWeb上の議論を主に取り上げ、それに対する自分なりの
意見を述べてみます。

 他所のブログやコメントに対する批判というか異議をどこまで
書いて良いものか、バランスが難しいですね…。
色々と失礼な事があったら指摘していただければと思います。
コメントとしてやるべき事なのかもとも思いましたが、複数の
サイトにわたり共通する内容があったのでまとめとして書いてみます。


more»

充実した時間、幸せな時間とは何か。

 「充実した時間、幸せな時間とは何か。」

これは将来ゲームを製作する私にとって一つのテーマである。

 これまでは”充実した時間=得るものが少しでも多い時間”
だと考えていた。その時間を過ごした後、振り返ってみて

「ああ私はこの時間でこれだけ多くのモノを手に入れる事が
 できた。」

そういう感想を持てる時間こそ充実した時間なのだと信じていた。


 そして、ゲームというものに考えを移す。

 ”ゲームから得るものは限りなく少ない”

これが現実だろう。
 こう考えた場合、ゲームが充実した時間を与えるのは非常に
難しい。


# 最近ブームになっている脳トレなどはこの常識を打ち破った
#ゲームだ。”プレイヤーに何かしら得るものがあるゲーム”
#そういう意味で、充実した時間を提供した新しいゲームだ。
# しかし、私が言いたいのはこの部分ではない。


 今日、発泡酒を飲みながら餃子をつつきながらブログを
読んでいた。
 このとき

 ”私は非常に満たされた気持ちになっていた”

のだ。
 多少気持ちが良い程度に酔っ払っている。気持ち良い。
 しかし、今何かを脳の中に残そうとしてもアルコールに
阻まれてほぼ不可能だろう。
また、行動内容はブログの閲覧という多くの場合は得るものが
ほとんどない作業だ。つまり、得るものはおそらく何もない。
にも関わらず、私は非常に充実した気持ちになっていた。
(もちろん非常に優れた記事に出会ったときには多くのモノや
 刺激を得られることは言うまでもない。)
 さらに私は経過していく時間の流れを認識していた。
これは「ああ、もうこんなに時間が経ってしまった」という
後悔を生まない。せっかくの心地よい体験が”後悔”という
魔物によって消し去られることはないのだ。

 さぁ、私はこの体験をどう認識するべきなのだろうか。

小島監督はMGSなんかよりWiiをやりたい!?


 やっぱり小島監督はMGSなんかよりWiiをやりたい!?

HIDECHAN! ラジオ 第82回 (06.07.05)<URLは下部参照>の
レポートです。

more»

小島監督の衝撃発言!!@HIDECHAN! Radio

 小島監督の衝撃発言!!@HIDECHAN! Radio
 小島監督が「大嫌い!」と連呼する職業とは!?

more»

中田英寿 現役引退 その2

 今日になってようやく中田の公式サイトが見れたので
それを読んで一部追記する。

more»

中田英寿 現役引退

 中田英寿。

 私が尊敬する人物の一人だ。

more»

飯野賢治 まとめ

 飯野賢治氏&西健一氏の対談のまとめ。
 各回の詳しい内容はこのページの下部にある「過去ログ」を参照。

≪対談のまとめ≫
●想像力が大切
(飯野)
 グランツーリスモをやった人は、そこら辺のライターを持って
ブーンってやらない。

●刺激の大きさと刺激が足りないときの対処法
(飯野)
刺激があるものが横にあって、刺激がないものを選ぶなんて無理。
修行僧じゃないんだから。
刺激は大きいものを求める。
自分で大きな刺激を作る子なのか、大きな刺激を借りてくる子なのか。

●最初に必死に頑張ることの重要性
(アイレム採用担当者)
就職後 1,2年は必死で頑張れ。その頑張りで今後が決まる。
(小島監督)
何か無理難題を押し付けられたときに『無理です』と付き返される
と腹が立つ。逆に『やってみます』と言われると、もう君はソコ
やらなくていいよ。と言いたくなる。

--------------------------------------------------------
 重要だと思った部分を書き出すとたった3つで終わってしまいました(笑)
まぁでもその3つがカナリ重要な内容だったのでよしとしますか。
特に刺激が足りないときの対処法として

 ”自分で大きな刺激を作る人になれ”

というのはカナリ難しいことですが、今後もずっと意識していたい
セリフですね。


--------------------------------------------------------
 西氏のサイトroute24における西氏と飯野氏の対談のレポート。
 西氏のサイト(http://www.route24.jp/2006/03/goodbye_lovedel.html)
において「podcast」として音声データが配信されています。
その中で気になった内容を書き起こさせていただきました。

<route24podcast>
http://web.mac.com/route24/iWeb/route24web/Podcast/Podcast.html

【出演者】
西健一
 元ラブデリック開発者。moonをはじめ独特のゲームを製作している。
現在はroute24(ルートニシ)という個人事務所を構えて活動している。
●route24(ルートにし)
 http://www.route24.jp/2006/03/goodbye_lovedel.html

飯野賢治
 言わずとしれたお騒がせ男。
尊敬しているわけでも、大好きでもないんだけど、なんとなく気になる。
ゲーム業界で何かをしてくれそうな臭いがあるからか。
どことなく頭のキレそうな臭いがあるからかもしれない。
●(詳細@Wikipedia)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E9%87%8E%E8%B3%A2%E6%B2%BB
 最近の仕事としては「ピンキーモンキーの生まれた日」という動画の
プロデュースをしたらしい。
  http://pinkyfilm.jp/

【過去ログ】
飯野賢治 その1<route24podcast13(第一回)>
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-22.html
飯野賢治 その2<route24podcast14(第二回)>
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-30.html
飯野賢治 その3<route24podcast15(第三回)>
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-31.html
飯野賢治 その4<route24podcast16(第四回・第五回)>
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-32.html
飯野賢治 その5<route24podcast18(第六回 最終回)>
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-33.html
飯野賢治 まとめ
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-34.html

飯野賢治 その5

 西氏のサイトroute24における西氏と飯野氏の対談の第六回
(最終回)レポート。
 西氏のサイト(http://www.route24.jp/2006/03/goodbye_lovedel.html)
において「podcast」として音声データが配信されています。
その中で気になった内容を書き起こさせていただいています。


<route24podcast18(第六回 最終回)>
http://web.mac.com/route24/iWeb/route24web/Podcast/591CC3F7-7181-4445-A80B-AF1BB58692EB.html


【ゲーム業界の採用】
(飯野)
海外で最近有名な企業行ったときに俺のプロフィールがありながら
「こいつのところにはICO作ってたフミト ウエダがいた」とか、
それがないと俺が存在できねぇのかぁ。とか思って。ちょっと
びっくりしたなぁ。海外でそんなに彼のゲームが有名なんだって
嬉しくなって。
(西)
ああ、もとワープなんだ。
(飯野)
彼はメチャクチャ才能があって。もったいないなぁって。うちは
俺が企画して作るって感じだし彼のために働ける人もいないし。
ただ、彼が募集してきたビデオってのは今でも覚えてて、雨の中を
こう犬かなんかが走ってるようなCGで。普通のCGの募集じゃ出さない
ような内容だけど凄い雰囲気があって。
多分普通の会社とんないだろうから、どっか一回実績がないと。
だから一回うちで採ろう。っつって。こんなヤツがもし働けない
なんてなったら良くない。ってそれで採ったのよ。
うちに居た期間なんてホント短いしね。だからあんま関係ないと思う。
本当に元々才能があってでも世の中ってさ、どこの会社いたとか
実績がないと働かせてくれないじゃん。
彼なんて今とその頃じゃ違うかもしれないけど、100と105の差、
それぐらいの差だと思うよ。そんなだけど、世の中ってそうは
行かないのよね。だから作品なんて見ないのよね。一般の会社は。
ワープに入ったんだ。とかスクエニに居たんだ。とか。
(西)
たくさん処理しようとするとそうなっちゃうんだろうね。
大量に来るとね。
(飯野)
前に就職を応援してあげた子がいたんだけど、かなり時間がかかって、
やっと就職できたわけ。そしたら、そっからどこでも就職できんの。もう。
そりゃね。もうホントショックで。そのメールがきたもん。
「そんなもんなんですか?」って。
(西)
一個とっかかり掴めちゃうといけるけど、掴むまでがねぇ…。
閉鎖的だよね。

---------------------------------------------------------
 自分は運良く採用してもらえたわけですが、全般的に見ると
閉鎖的と言われても仕方ないような採用状況なのかもしれませんね。
ゲーム業界に限らず、タイミング的な理由で採用を見送る事は
多そうですし…。
ICOの上田さんでさえ、大手に採用されなかった(らしい?)という
のは象徴的ですね。実際自分の就活を振り返っても、大手と
呼ばれる会社ほど作品提出がありませんでしたから、本当は
実力がある人でも採用されないケースも多いのかもしれません。
実際、自分はアルバイト先のゲーム会社で、「こんな作品じゃ
どこの会社にも採ってもらえない。運良く中小企業に1、2社
引っかかる程度じゃないか。」と言われていましたし…。
(実際には、”結構大手1社、大手1社、中堅1社から内定を
 いただいたので就職活動を終えた”という結果でした。)
 しかし、学歴が必要かといわれるとそうでもないようです。
私は三流大学が最終学歴ですし…。
 詳しい就活の経過は下記サイトをご覧いただければ分かって
いただけるかと思いますが…

幣サイト:http://www.bb.banban.jp/nekokiki/
就職活動の詳細:http://www.bb.banban.jp/nekokiki/job_hunting.html
就職活動のまとめ:http://www.bb.banban.jp/nekokiki/job_hunt_conc.html

私が自慢できるのは「必死に就職活動をしたこと」「できる限りの
準備・対策をしたこと」「面接対策をしっかりしたこと」です。
技術的なモノとしては「プログラミング歴」「ゲーム業界の
問題点を考え、ソレに対する自分なりの対策を実践したプログラムを
制作した経験がある事」でした。
就活で出来た親借金30万円どうしよう…(苦笑)


(飯野)
(初め自分は未経験でやとってもらった。)
その時に自分を雇ったことが間違いだってなったら、それ以降
未経験の人が入らなくなっちゃうから、必死で頑張った。一ヶ月
全然家に帰らなくて、親父から「なんで帰れないんですか」って
電話がかかってきたからね。
(西)
それでもソレぐらいの勢いでくらいついて行かないと始まるものも
始まりませんからね。
(飯野)
始まらない。
これでも、あなたも経験あると思うけど、勢いだけの人も困るのよ。
ダメなんだよ。何がダメって難しいんだけど。
(西)
聞く耳持たないからね。
(飯野)
そう。
(西)
バランス感覚欠如していっちゃってるとヤバイんだよね。
(飯野)
そうそう。給料ゼロ円でも働かせてください。って言われてもさぁ。
(西)
そのバランスは大事ですよね。
---------------------------------------------------------
 アイレムを受験した時に言われた事なのですが、「就職後
1,2年は必死で頑張れ。その頑張りで今後が決まる。」と
言われました。
また、コナミの小島監督は自身が出演されているWebラジオの中で
「何か無理難題を押し付けられたときに『無理です』と付き返される
と腹が立つ。逆に『やってみます』と言われると、もう君はソコ
やらなくていいよ。と言いたくなる。」とおっしゃっていました。
 バランス感覚をしっかりと持ち、客観的に自分を眺める視点を
持ちながらも、必死で頑張ることが要求されるという事
なんでしょうね。

 また改めて別の日記に書きますが「入社までにもっと必死で
頑張らないと、1,2年で潰れる」という事をバイト先の上司に
言われました…。
まだまだ認識が甘かったようで…がんばるぞ!


---------------------------------------------------------
【出演者】
西健一
 元ラブデリック開発者。moonをはじめ独特のゲームを製作している。
現在はroute24(ルートニシ)という個人事務所を構えて活動している。
●route24(ルートにし)
 http://www.route24.jp/2006/03/goodbye_lovedel.html

飯野賢治
 言わずとしれたお騒がせ男。
尊敬しているわけでも、大好きでもないんだけど、なんとなく気になる。
ゲーム業界で何かをしてくれそうな臭いがあるからか。
どことなく頭のキレそうな臭いがあるからかもしれない。
●(詳細@Wikipedia)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E9%87%8E%E8%B3%A2%E6%B2%BB


【過去ログ】
飯野賢治 その1<route24podcast13(第一回)>
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-22.html
飯野賢治 その2<route24podcast14(第二回)>
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-30.html
飯野賢治 その3<route24podcast15(第三回)>
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-31.html
飯野賢治 その4<route24podcast16(第四回・第五回)>
http://nekokiki.blog68.fc2.com/blog-entry-32.html
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
プロフィール
2007年4月からゲーム業界の大手某社で働き始めた管理人 ねこきき が日々思うことの記録。業界に対する話や最先端技術的の話、プログラム話などをダラダラと書いています。

管理人のWebページ(就活の記録など)
足跡歓迎!ココをクリック!

ねこきき

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Counter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。